世界中で使われてきた便利な歯の詰め物のアマルガムの危険性

サイトマップ
加藤歯科TOP

大阪に歯科の加藤歯科では患者様とのコミュニケーションを第一に診療しています。いつでもお気軽に相談して下さい。

アマルガムとは、銀とスズの合金に銅や亜鉛を添加した粉末を、水銀で練ったものです。
削ったその日に銀歯が入り、治療回数も一回ですむ、便利な材料である反面、
見た目が金属色(銀灰色)で目立つこと、そしてなによりアマルガムの材料は水銀です。
水銀の害で真っ先に思い浮かぶ、水俣病の原因になった水銀(メチル水銀)とは
違う種類の無機水銀という水銀が使用されています。
メチル水銀などの有機水銀とは違い無機水銀は無害であるという説もありますが、
「無機水銀でも有害である」ということはかなり前から科学的にまた経験的に立証されています。
口の中に水銀アマルガムの詰め物がある方はできるだけ早く安全な方法で除去することをお勧めします。

アマルガムには水銀が高濃度(約50%)含まれています。
アマルガム中の水銀は少しずつ溶け出して口腔粘膜や消化管から体内に吸収されます。
水銀は人間が活動するエネルギーを生成しているミトコンドリアの中に入り込み、
その活性を低下させます。また水銀は体内のイオウと結びつくと簡単に脳内に入り込み脳神経に結合します。
そうすると神経細胞の膜を変性させたり、微小管構造を破壊し、たんぱく質合成阻害により神経細胞を破壊します。

実際、アマルガムを取ることで、様々な症状が改善しているという事実があります。
上記症状の他にも様々な体の不調の原因となっている可能性があります。

今現在症状が出ていない方でもゆっくりとアマルガムに含まれる水銀が解け出して、
体内に吸収されています。
気づいていないだけで、ちょっとした体の不調などはアマルガムが原因かもしれません。
安心して日常生活を送るためにも、アマルガムはできるだけ早く取り除くことをオススメ致します。

当院ではアマルガムを一切使用していません。
さらに他の歯医者で昔使用された古くなり劣化したアマルガムの安全な除去を大阪で行っています。
アマルガムは除去の際に摩擦熱で蒸発する僅かな水銀の蒸気を肺から吸入してしまう危険性があります。
当院では徹底した管理のもとアマルガムの除去をおこない、口腔内から体全体の健康を促進します。

初めまして!保育士の小山郁子です。育児で頑張っておられるお母さんの
ためにお手伝いができたらと思っておりますので、
お気軽にご相談くださいね。(要予約)

託児について詳しくはこちらからどうぞ