大阪にある歯科の加藤歯科が考えるアンチエイジングで元気で長寿

サイトマップ
加藤歯科TOP

大阪にある歯科の加藤歯科では患者様とのコミュニケーションを第一に診療しています。いつでもお気軽に相談して下さい。

特に最近加藤歯科にもたくさん悩んで来院される「ドライマウス」
進行すると口の不快感や舌の痛みが生じることもあり、さらに食事をとるのが困難になります。
唾液がでないことで、虫歯、歯周病、感染症にかかりやすくなります。最近では、
このドライマウスの症状が幅広い年齢層に急増しています。

ドライマウスについて詳しく見てみる>>

また、現在病院と「アンチエイジングドッグ」について話を進めております。

などを測定し、健康寿命を延ばし”サクセスフル・エイジング”を
実現するために 大阪で皆様のお役に立てればと考えております。
健康寿命の延伸には、歯周病などの生活習慣病の予防と老化危険因子である
免疫機能、代謝機能の低下、酸化ストレス、心身ストレスなどの予防が大切です!

現在、アンバランスで病的な老化の原因と考えれれているものには。過剰な「酸化ストレス」、
「ホルモンの異常低下」、「免疫力の低下」などが考えられています。

今、医療の最前線では歯(口腔)の健康が重要視されています。
アンチエイジングでもっとも大切なのは生活の質を高めることです。
つまり、私達が健康的な生活を送る上で絶対不可欠な、
食べる、話す、飲む、笑うと言った、根本的な欲求を常に満たすことです。
口の健康が失われると、食事や会話などの日常生活に支障をきたし、
老化のスピードが速まると言われています。
例えば、しっかり噛めないと、食べ物を美味しく味わうことができなくなり、
食生活の質が低下します。
また、口臭が気になったり、歯の色や歯並びなどの見た目に支障があると
コミュニケーションに自身をもてなくなることもあります。
歯が体と心の健康に及ぼす影響は非常に大きく、
口の健康がアンチエイジングの要になっているといっても
過言ではありません。
口の機能を活発にして老化を遅らせ、全身の健康を獲得し維持することが、
アンチエイジングの第一歩なのです。
まず、最初にどこで老化を感じるのかというと、1位は「目」で2位は「口」なのです。
つまり口腔は体の老化傾向が初期に現れます。
つまり口腔の「老化度」を調べることである程度全身の「老化度」がわかるのです。

初めまして!保育士の小山郁子です。育児で頑張っておられるお母さんの
ためにお手伝いができたらと思っておりますので、
お気軽にご相談くださいね。(要予約)

託児について詳しくはこちらからどうぞ