本当に怖い歯周病とその予防策をご紹介致します

サイトマップ
加藤歯科TOP

大阪にある歯科の加藤歯科では患者様とのコミュニケーションを第一に診療しています。いつでもお気軽に相談して下さい。

痛みが出ることがほとんどなく、気づかないうちに進行する歯の病気「歯周病」
歯を支えている歯槽骨を溶かし、放置してしまうと、最後には歯が抜けてしまいます。

歯周病は、日本人が歯を失う原因の第一位で、日本人の半数、
30歳以上の80%が歯周病にかかっていると言われます。
その7~8割が、歯周病であることに気づいていない場合や、
治療せずに放置されていると推定されます。

大阪の加藤歯科では歯周病の治療にレーザーを使用しています。
今までの歯周病治療と違い、レーザー治療は痛みが少なく、患部に
レーザーを照射することで歯周病の進行を食い止めます。歯と歯ぐきの間のミゾに
レーザーをあてて歯周病菌をやっつけます。

レーザーをあてることで歯周病の原因となっている細菌が急激に減り
ウミが自然に出て出血がおさまり、治りを早くします。

歯についた歯石を、スケーラーと
呼ばれる器具を用いて綺麗に
取り除きます。

トリートメントケアも同時に行います。

ブラッシングで歯茎を
プラークコントロールします。
ご自身でできる正しい

ブラッシングの方法も指導致します。

歯周病は「歯の周囲の病気」です。
歯が抜けたり、歯茎から血がでたり
症状は様々ですが、
主に口の中だけの病気だと思われがちです。
しかし歯周病の原因菌である「歯周病菌」
は口の中だけでなく、身体の至る箇所に
影響を与える場合があります。

歯周病は口の中に住み着いている細菌が炎症を引き起こして、歯周組織を破壊する病気です。
歯周病が進行する足場である「歯周ポケット」は、組織が破壊されたり炎症が起こったりしていて、
「怪我をした後に傷口が開いたままになっている状態」の様になっています。
ですから歯周ポケットからは容易に出血しますし、容易に細菌が体内に入り込めます。
そんな歯周ポケットから、歯周病菌が血液の中に入り込み、
流れに乗って臓器や血管壁全身に運ばれていきます。
そして、その箇所で悪さをすることによって様々な影響を及ぼしてしまいます。

歯周病菌が口の中から体内へ入る経路には上記血液から運ばれてくる他に、
気道を通って主に肺に影響を及ぼすことがあります。
唾液の中に歯周病菌が混ざって、それが誤嚥(気道に唾液などの異物が入りかけると、
通常は反射的にむせたりしてそれを防ぎますが、睡眠中だとその反射が起こらず、
微量ながら気道に流れ込んでしまうことがあるのです)や呼吸で肺に入り込んでしまいます。

歯周病は必ずかかる病気なのでしょうか?

歯周病は必ずかかるわけではありません。歯周病の多くは、原因であるプラークや
歯石を日頃の歯磨きや、定期的な歯科検診などを受けることにより除去することで
予防することができます。
予防できない歯周病もありますが、遺伝性の病気など、非常に特殊な場合です。

歯周病の一番の原因のプラークとは、歯に付着している白、または黄白色の粘着性
の沈着物で、非常に多くの細菌とその産生物から構成されています。
またプラークはバイオフィルムとも呼ばれていて強固に歯に付着してるだけでなく、
薬品だけでは除去しにくい状態になっています。そのためにしっかりと歯ブラシ等で
除去することが大切
になります。
ただ、プラークが放置されると歯石とういう塊が歯面につき歯ブラシで除去すること
ができなくなります。とくに下の前歯の裏面に歯石はよくつきますので、
歯科医院でのクリーニングが必要となります。

歯周病になりやすさはありますか?

あります。大きく分けて口の中の状態と全身状態によります。
前者は歯並びや歯周病菌の種類や粘膜の形が影響します。
具体的には、遺伝性の病気、血液の病気(白血病など)、皮膚の病気、降圧剤を
含めた特定の薬
によって歯肉を含めた歯の周囲組織に症状が出ることがあります。
またホルモンの分泌の増減、糖尿病、喫煙などによって
歯周病が治癒しにくくなるといった事があります。

後者は生活習慣(喫煙など)それに関する病気(糖尿病など)、遺伝的影響など、
色々な要素が関わって歯周病にかかりやすくなるのです。
また、遺伝子診断、免疫応答・炎症反応の検査により歯周病にかかりやすい患者さん
がいると報告されています。特に通常は40歳前後に症状があらわれる歯周病が10歳代
後半からあらわれる早期発症型と呼ばれる歯周病
がこれにあたります。

また、歯周病には男女差があらわれるときがあります。
妊娠されている女性は口腔内に分泌されるホルモンの影響で歯肉の炎症が起こりやすく
なっています。
また閉経前後には歯肉の上皮が剥がれ落ちてしまうことによる歯肉の
炎症(慢性剥離性歯肉炎)が起こりやすくなる言われています。

歯周病とストレスの影響とは?

現代社会には、仕事・家庭・学校・居住環境・経済状態などの多くの刺激があり、
それらにうまく対応することにより、ヒトは健康を保っています。
しかし、それに耐えきれなかったとき、ストレスとして、
体にさまざまな影響を及ぼすことがわかっています。
たとえば、ストレスが自律神経やホルモンに影響し、
胃潰瘍などを引き起こすことはよく知られています。
最近では、そのストレスが、体を守る免疫機能に影響し、感染・癌など命を危険に
さらす病気を引き起こすこともわかってきました。
口の中ではストレスにより、唾液の分泌が減少しドライマウスの状態になります。
すなわち口腔カンジダ症、味覚障害、歯周病、虫歯、などに悪影響を及ぼします。

初めまして!保育士の小山郁子です。育児で頑張っておられるお母さんの
ためにお手伝いができたらと思っておりますので、
お気軽にご相談くださいね。(要予約)

託児について詳しくはこちらからどうぞ