もしかしたらその親知らず抜かなくてもいいかもしれません

サイトマップ
加藤歯科TOP

大阪にある歯科の加藤歯科では患者様とのコミュニケーションを第一に診療しています。いつでもお気軽に相談して下さい。

赤ん坊の歯の生え始めと違い、多くの場合親元を離れてから生え始めるため、
親が歯の生え始めを知ることがないので親知らずという名前が付いたと言われています。
また、その他にも、乳歯が永久歯の「親」と考えると、親知らずには、対応する乳歯が存在しないので、
「対応する乳歯が無い=親知らず」として命名された、という説もあります。

親知らずは生えるのに十分な場所がなく、
粘膜や骨の下に埋もれる傾向があります。
これが原因となって炎症をおこして腫れてきたり、
手前の歯に悪影響を及ぼしたり、
歯列矯正治療のために
必要なら抜歯をしなければなりません。

もちろん、加藤歯科では、親知らずの抜歯も行っています!
お気軽にいつでもご相談下さい。
抜歯しなくてもいいことも多いですよ!
納得していただくまで、お話させて頂いてます。
中には親知らずが原因で大変なトラブルになっている場合があります。
必要であれば大阪の口腔外科と連携していますので、
私、加藤直之が口腔外科で抜歯させて頂きますので安心して下さい。

上顎の親知らずですが、上の図のように上顎洞と 言われる副鼻腔が歯の根っこに近いので、 親知らずの虫歯を放置したり、口の中の細菌が 感染してトラブルになると、歯が原因の蓄膿症 (歯性上顎洞炎)になってしまい、鼻の手術が 必要になる事があります。 そのため、状態によっては抜歯が必要になります。

ただ、一般的に下顎に比べて上顎の親知らずの 抜歯は時間も短く(5~10分) 痛みが少ないことが多いです。

下の親知らずですが図のように、斜めに深く生えて いることが多く、虫歯にもなり易く、口の中の 細菌が感染しやすい状態が多いです。 歯の根っこが下歯槽神経(下顎管)に近いため、 親知らずにトラブルが起きると、 知覚神経に障害がでる可能性があります。

よくある症例は、親知らずを中心にして顎の 骨の中で化膿して、骨が徐々に溶けてしまい、 手前の臼歯や骨まで取らないといけなくなる事が あります。そのようになる前に悪い状態の親知ら ずは、大きなトラブルになる前に抜歯をオススメ 致します。

ちゃんと上下の親知らずで咬んでいる場合は、抜く必要はありません。
また、顎の骨に深く埋まっている歯に関しても必ずしも抜歯とは限りません。
しかし、何度も腫れを繰り返していたり、症状がなくても今後腫れる可能性がある歯や、
矯正治療を考えている人は抜歯した方が良い場合があります。その他、年齢を重ねるに従い、
全身的に基礎疾患を患う可能性があることや、女性は妊娠した時に、
腫れたり痛みが出ることがあり、抜歯する際に注意が必要となりますので、抜歯することをお勧めします。

親知らずの状況は個人差のとても大きくでます。
上記に当てはまった方でも抜歯しなくて良い方も多くおられます。
あなたに一番合った方法を納得していただくまで、しっかりとお話させて頂いてます。

初めまして!保育士の小山郁子です。育児で頑張っておられるお母さんの
ためにお手伝いができたらと思っておりますので、
お気軽にご相談くださいね。(要予約)

託児について詳しくはこちらからどうぞ