ページトップへ

大阪の歯科、加藤歯科医院|口腔内科

  • マウスピース矯正・羽曳野

    2020年11月29日(日)

    前歯の歯並びの悪さは奥歯にあり!!東京からマウスピース矯正を受けに来られました!

  • 羽曳野・インプラント

    2020年8月28日(金)

    インプラントとブリッジの治療どちらにするかで迷ったら!歯科医師が健康寿命の観点から詳しく解説

  • 羽曳野・インプラント

    2020年8月17日(月)

    健康寿命に対するインプラントとブリッジの違いは?どちらを選べば良いのか

  • 羽曳野・藤井寺・加藤歯科・白い歯

    2020年8月11日(火)

    えみは会 加藤歯科の歯科医師が保険適用のCAD/CAM冠のメリットとデメリットを詳しく解説

  • 羽曳野・加藤歯科

    2020年8月8日(土)

    金属のかぶせ物は再発リスクが高い?毒性があるってホント?詳しく解説いたします

≫ ブログ一覧へ

≫ ブログ一覧へ

≫ 過去の記事を見る

加藤歯科のお知らせ・日記

2009年11月29日 PM 11:33

歯科

口腔内科

WS000071.JPG
WS000070.JPG
先日、第9回南大阪口腔疾患勉強会で「王先生」の講演を受けた話はさせて頂ました。
その「王先生」は口腔内科という新しい診療科を設立されていることでも有名です。
この、口腔内科という言葉は、まだあまり知られていない言葉だと思います。
王先生は、口腔をひとつの臓器と捉え、口腔疾患に対して検査、診断、投薬といった概念をもとに新しい発想で口腔内科学を提唱されています。
口腔内科外来での治療方針の共通点は、歯科のみならず医科的知識に基づき、全身的評価を行い、舌癌、歯肉癌などの口腔悪性腫瘍をはじめ、エナメル上皮腫などの良性腫瘍、白板症、アフタなどの口腔粘膜疾患、唾液腺疾患のほか、口腔顎顔面領域に生じる変形、外傷、嚢胞、顎関節疾患、口腔顔面領域の神経疾患などのあらゆる疾患を対象とし、症状として疼痛、口渇、口臭、味覚障害などに対して検査・診断・薬物療法を行うとともに、早期発見による最小限の外科的手術や器官温存のための内科的アプローチを特徴としていると見受けられます。
王先生は歯周病に対する抗菌薬物療法、口腔疾患に対する漢方治療、サプリメントを用いた口腔ケア、禁煙支援治療などであり、王先生が歯科医療の境域を広げ、さらに国民皆健康保険導入に向けて汗を流しておられます。
加藤歯科でも漢方治療など東洋医学も交えた治療を行っており、口腔内科的なアプローチもどんどん取り入れたいと思っています。

≫ 過去の記事を見る

加藤歯科医院 医療法人 えみは会

月曜~土曜9:00~12:00

月曜~金曜14:00~18:00

休診日:土曜午後・日曜・祝日

WEB初診予約
画像
歯の治療のはじまりはリラックスできる対話から

近鉄古市駅徒歩3分

こちらをタップでそのままお電話できます

〒583-0856 大阪府羽曳野市白鳥2-16-34
バリアフリー 駐車場4台完備

画像 画像

Copyrightc2018 加藤歯科 All right reserved.

加藤歯科医院 医療法人 えみは会

〒583-0856 大阪府羽曳野市白鳥2-16-34
バリアフリー 駐車場4台完備

9:00~12:00

14:00~18:00

休診日:土曜午後・日曜・祝日

近鉄古市駅徒歩3分