ページトップへ

大阪の歯科、加藤歯科医院|高齢者の歯と健康。

  • 加藤歯科医院 羽曳野 歯ぎしり 食いしばり

    2022年7月1日(金)

    歯ぎしり・食いしばりが引き起こすトラブルって?詳しく解説します!

  • 加藤歯科医院 羽曳野 顎関節症 インビザライン 歯ぎしり 食いしばり

    2022年6月21日(火)

    無意識にしていませんか?歯ぎしり・食いしばりについて解説します!

  • 2022年6月13日(月)

    金属を使った修復物って具体的にどんなデメリットがあるの?徹底解説します!

  • セラミック 羽曳野 加藤歯科

    2022年6月6日(月)

    セラミック治療って具体的にどんなメリットがあるの?徹底解説します!

  • 2021年8月10日(火)

≫ ブログ一覧へ

≫ ブログ一覧へ

≫ 過去の記事を見る

加藤歯科のお知らせ・日記

2010年2月13日 PM 06:05

歯科

高齢者の歯と健康。

WS000199.JPG
超高齢社会の日本での高齢者の歯と健康についての調査から興味深い結果がでてます。
歯と身体的健康状態
施設入居の高齢者での6年間の追跡調査では以下の結果となったそうです。
20本以上の歯を持つものが身体障害の発生率は13.6%。
歯が1本もなく、しかも入れ歯の使用をしていない人は、身体障害の発生率は69.6%でした。
つまり、歯が多くの残っている人は身体的傷害の発生率が低くなります。
歯と痴呆
施設入居の高齢者での6年間後の追跡調査では以下の結果となったそうです。
歯が20本以上残っていた方は、痴呆の発現は13.2%でした。
歯が1本もなく、入れ歯のない方は、痴呆の発現は44.2%でした。
歯が1~19本あり、入れ歯のない方は、痴呆の発現は40.0%でした。
上記のことは統計的な差を言うことはできなかったとのことです。
Kondoの研究では、歯を半数以上ない方は、アルツハイマー病のリスクが高いことを統計で示しています。
このことから、歯を大切にしていくことがどれほど大事な事か、わかって頂けたと思います。
                          羽曳野市・古市駅の加藤歯科

≫ 過去の記事を見る

加藤歯科医院 医療法人 えみは会

月曜~土曜9:00~12:00

月曜~金曜14:00~18:00

休診日:土曜午後・日曜・祝日

WEB初診予約
画像
歯の治療のはじまりはリラックスできる対話から

近鉄古市駅徒歩3分

こちらをタップでそのままお電話できます

〒583-0856 大阪府羽曳野市白鳥2-16-34
バリアフリー 駐車場4台完備

画像 画像

Copyrightc2018 加藤歯科 All right reserved.

加藤歯科医院 医療法人 えみは会

〒583-0856 大阪府羽曳野市白鳥2-16-34
バリアフリー 駐車場4台完備

9:00~12:00

14:00~18:00

休診日:土曜午後・日曜・祝日

近鉄古市駅徒歩3分