ページトップへ

大阪の歯科、加藤歯科医院|味覚障害について。 Vol.1

  • 加藤歯科医院 羽曳野 顎関節症 インビザライン 歯ぎしり 食いしばり

    2022年6月21日(火)

    無意識にしていませんか?歯ぎしり・食いしばりについて解説します!

  • 2022年6月13日(月)

    金属を使った修復物って具体的にどんなデメリットがあるの?徹底解説します!

  • セラミック 羽曳野 加藤歯科

    2022年6月6日(月)

    セラミック治療って具体的にどんなメリットがあるの?徹底解説します!

  • 2021年8月10日(火)

  • 羽曳野・インビザライン

    2021年7月25日(日)

≫ ブログ一覧へ

≫ ブログ一覧へ

≫ 過去の記事を見る

加藤歯科のお知らせ・日記

2010年3月6日 AM 10:01

歯科

味覚障害について。 Vol.1

WS000305.JPG
羽曳野市の加藤歯科です。
今回は『味覚障害について』です。
「最近味が分かりにくいので見て欲しい」と当院に来られる方も多いです。
この味覚障害とはどんなものなのでしょうか?
食事の際に、いつもと同じ食べ物なのに、何か味が変だと思ったり、突然味を感じなくなったりしたことはないでしょうか。
その原因には、味覚異常という症状の場合があります。味覚障害は食生活の変化や高齢化で増える傾向にあります。
味覚は化学感覚の1つで、一般に、酸味、塩味、甘味、苦味の4種類があります(旨味も独立した味覚とする説もあります)。ほ乳類では、舌(ぜつ)に存在する味蕾(みらい)の中の味細胞が、水に溶けた呈味化学物質(味のある物質)の情報を受け取り、それが鼓索神経や舌咽神経、迷走神経などの味覚神経を介して脳に伝わり、味覚として認識されます。
さらに私たちの舌では、それらの4種類の味を感じる場所が異なり、それらの味覚を司る部分の神経支配がある程度決まっていることが知られています。舌は、食べ物や、飲み物の味を分析するセンサーの役割を果たしているのです。
そのため、舌が受け取った食べ物の味の情報を、脳がどんな種類の味かと判断する一連の流れの途中で何らかの障害が生じると、脳への情報の伝わり方が変わって、味を変に感じてしまうことがあります。これが、味覚異常です。
次回はもっと詳細をお伝えします。
                                  羽曳野市・古市駅の加藤歯科

≫ 過去の記事を見る

加藤歯科医院 医療法人 えみは会

月曜~土曜9:00~12:00

月曜~金曜14:00~18:00

休診日:土曜午後・日曜・祝日

WEB初診予約
画像
歯の治療のはじまりはリラックスできる対話から

近鉄古市駅徒歩3分

こちらをタップでそのままお電話できます

〒583-0856 大阪府羽曳野市白鳥2-16-34
バリアフリー 駐車場4台完備

画像 画像

Copyrightc2018 加藤歯科 All right reserved.

加藤歯科医院 医療法人 えみは会

〒583-0856 大阪府羽曳野市白鳥2-16-34
バリアフリー 駐車場4台完備

9:00~12:00

14:00~18:00

休診日:土曜午後・日曜・祝日

近鉄古市駅徒歩3分