虫歯からもおこる、蓄のう症。

サイトマップ
加藤歯科TOP

大阪にある歯科の加藤歯科では患者様とのコミュニケーションを第一に診療しています。いつでもお気軽に相談して下さい。

虫歯からもおこる、蓄のう症。

WS000199.JPG

皆さん、蓄のう症とういう名前は知っておられるとおもいます。

蓄のう症とは、何らかの原因で副鼻空といわれる空洞にうみが溜まる・・・つまり文字どうり蓄膿の状態をさします。

蓄のう症の原因の多くは、鼻の症状からおこります。

しかし、時々低くない確立で虫歯が原因で蓄のう症をおこすことがあります。

原因歯で多いのは上顎の奥歯。

上顎の奥歯の虫歯を痛みがあるのにそのまま放置。

しばらくして黄緑色の鼻汁が出て、次いで鼻内に「どぶのような臭気」を感じて口腔外科をみれる歯科を受診すると、「歯性上顎洞炎」と診断されたというのはよくある話です。

つまり虫歯や歯根の炎症が空洞の粘膜に広がって起こる蓄のう症なのです。

治療は原因歯を抜歯後に蓄膿症の薬を2~3ヶ月投薬していきます。

薬の効果がでて、炎症がおさまればいいですが、改善しない時は蓄膿症の手術がひつようです。

最近は内視鏡の手術が増えて、負担も少なくなりましたが、まずは虫歯の早期治療が大事です!!

                                  羽曳野市・古市駅の加藤歯科

日時:2011年4月 4日 PM 01:00