ページトップへ

大阪の歯科、加藤歯科医院|歯の検診での C-1 とかはどういう意味なんでしょうか?

  • 加藤歯科医院 羽曳野 入れ歯

    2022年12月2日(金)

    【失った歯を補う】なんとなく知ってるけど詳しくは知らない!入れ歯について説明します!

  • 加藤総合歯科・矯正歯科 インプラント 羽曳野

    2022年11月22日(火)

    「噛めるからこのままでいいや」はダメ!歯を失ったまま放置することで起こるお口の崩壊とは?

  • 加藤歯科医院 羽曳野 インビザライン

    2022年11月12日(土)

    【インビザライン】実はとても大切な「保定」について詳しく解説します!

  • 加藤歯科医院 羽曳野 インビザライン

    2022年11月2日(水)

    子供用のインビザライン「インビザラインファースト」について

  • 加藤総合歯科・矯正歯科 羽曳野 インビザライン

    2022年10月23日(日)

    【インビザライン】矯正のために歯に隙間を作るIPRとは?その有用性を解説します!

≫ ブログ一覧へ

≫ ブログ一覧へ

≫ 過去の記事を見る

加藤歯科のお知らせ・日記

2012年10月25日 PM 04:54

歯科

歯の検診での C-1 とかはどういう意味なんでしょうか?

皆さん、歯の検診は今まで何度か経験されたと思いますが
そのときに、歯医者さんが
「C-1」 とか 「C-4」とか
言ってるのを聞いたことがあると思います。
皆さんは、たぶんこれは虫歯のことを言っているんだろうな
と思われると思いますが
それはあったっています。
問題なのはその後の数字でして
この数字で虫歯の程度を示しているのです。
数字は数が1~4までで
数字が大きいほうが悪いです。
つまり・・・・C-4が一番悪いことになります。
まとめてみますと
CO   シーオーとよみます。これは初期の虫歯で治療はしなくていいが、要観察の歯です
C-1   歯の表面のエナメル質のみが虫歯になっています。痛みはあまりないです。
C-2   歯の中の象牙質まで虫歯がひろがっている、痛みがでてくる時期です
C-3   歯の神経・・・歯髄まで進行しています。神経の処置が必要で痛みも激痛になります
C-4   さらに悪化しもう歯の原型がなくなってしまった状態・・・抜歯になる可能性大
次回の検診のときに気にして聞いてみてください!
羽曳野市・古市駅の加藤歯科
   

≫ 過去の記事を見る

加藤歯科医院 医療法人 えみは会

月曜~土曜9:00~12:00

月曜~金曜14:00~18:00

休診日:土曜午後・日曜・祝日

WEB初診予約
画像
歯の治療のはじまりはリラックスできる対話から

近鉄古市駅徒歩3分

こちらをタップでそのままお電話できます

〒583-0856 大阪府羽曳野市白鳥2-16-34
バリアフリー 駐車場4台完備

画像 画像

Copyrightc2018 加藤歯科 All right reserved.

加藤歯科医院 医療法人 えみは会

〒583-0856 大阪府羽曳野市白鳥2-16-34
バリアフリー 駐車場4台完備

9:00~12:00

14:00~18:00

休診日:土曜午後・日曜・祝日

近鉄古市駅徒歩3分