ページトップへ

大阪の歯科、加藤歯科医院|歯の最初のインプラントは愛犬?

  • 加藤歯科医院 羽曳野 顎関節症 インビザライン 歯ぎしり 食いしばり

    2022年6月21日(火)

    無意識にしていませんか?歯ぎしり・食いしばりについて解説します!

  • 2022年6月13日(月)

    金属を使った修復物って具体的にどんなデメリットがあるの?徹底解説します!

  • セラミック 羽曳野 加藤歯科

    2022年6月6日(月)

    セラミック治療って具体的にどんなメリットがあるの?徹底解説します!

  • 2021年8月10日(火)

  • 羽曳野・インビザライン

    2021年7月25日(日)

≫ ブログ一覧へ

≫ ブログ一覧へ

≫ 過去の記事を見る

加藤歯科のお知らせ・日記

2012年11月13日 PM 12:36

歯科

歯の最初のインプラントは愛犬?

今や一般的な治療になりつつある
歯のインプラントですが
最初からうまくいっていたわけではありません。
色々な試行錯誤のなか
インプラント治療は進化してきましたが
なんといっても、インプラントのパイオニア的な存在といえば
スウェーデンのブローネマルク先生ですね。
ブローネマルク先生は現在のチタンを使ったインプラントを
考えだした方で、現在のモダンインプラントの父ともいえる方です。
そのブローネマルク先生がウサギでチタンと生態との親和性に
確信をもった後
最初のインプラント治療を行ったのはなんと先生の愛犬でした
そのときのインプラントはチタン製で今と同じねじ式のインプラント
でした
そのときの、インプラントと顎の骨との結合が強固だったことと
インプラントの周りの炎症もほとんどなく
歯周病もおこしてなかったようです
これが、大発見となり現在のインプラントの原型となりました
本当に凄い情熱と執念ですね。
羽曳野市・古市駅の加藤歯科

≫ 過去の記事を見る

加藤歯科医院 医療法人 えみは会

月曜~土曜9:00~12:00

月曜~金曜14:00~18:00

休診日:土曜午後・日曜・祝日

WEB初診予約
画像
歯の治療のはじまりはリラックスできる対話から

近鉄古市駅徒歩3分

こちらをタップでそのままお電話できます

〒583-0856 大阪府羽曳野市白鳥2-16-34
バリアフリー 駐車場4台完備

画像 画像

Copyrightc2018 加藤歯科 All right reserved.

加藤歯科医院 医療法人 えみは会

〒583-0856 大阪府羽曳野市白鳥2-16-34
バリアフリー 駐車場4台完備

9:00~12:00

14:00~18:00

休診日:土曜午後・日曜・祝日

近鉄古市駅徒歩3分