患者様からよく頂くドライマウス・舌痛症についてのご質問をまとめて、回答致しました

サイトマップ
加藤歯科TOP

大阪にある歯科の加藤歯科では患者様とのコミュニケーションを第一に診療しています。いつでもお気軽に相談して下さい。

ドライマウス・舌痛症について

ご覧になりたい項目をクリックしてください。

ドライマウスの原因は何ですか?

・食生活
現代の食生活では唾液を十分に出さなくても飲み込めるようなファーストフードや
食事が主流になっています。このため唾液の分泌が従来よりも少なくなり、
口の中の潤いが足りず、口が渇く、舌がひび割れて痛い、などの症状があります。

・精神的ストレス、緊張
ストレスがかかったり緊張をすると交感神経が刺激され、唾液の分泌が抑制されます。
あまり緊張しないよう楽しくゆとりある生活を心がけてみて下さい。
気分転換をしましょう。

・薬物
抗鬱剤(抗うつ剤)、鎮痛剤、抗パーキンソン剤、降圧剤などの多くの薬物の
副作用として唾液分泌の低下があり、薬の量を減らすなど担当医と相談して下さい。

・年齢によるもの
年齢とともに口や顎の筋力が低下や萎縮がおこり唾液の分泌量が低下します。
70歳以上で男性16%、女性25%の量的低下。
80才では老人性萎縮により25%以上の低下。

・口で呼吸する(口呼吸)
鼻炎などの鼻疾患や癖などで口で呼吸をすれば唾液は蒸発してしまい口が渇く
原因となります。鼻疾患の治療や癖をなおしましょう。

・その他病気など 浮腫、脱水症、糖尿病、シェーグレン症候群、
放射線、骨髄移植 などが関与してきます。

ドライマウスは放置すると、どうなりますか?

ドライマウスの患者様はこの4,5年で急激に増えてきました。
一日にかなりの患者様が来院されますし、珍しい症状ではありませんので、
まずはあまり心配しないようにして下さい。

ドライマウスは口の渇き、唾液の粘稠感、飲水切望感に始まり、
進行すると口腔内の疼痛、灼熱感、嚥下障害、う蝕の多発、口臭、味覚異常、
粘膜の発赤、舌乳頭の萎縮による平滑舌、溝舌、口角びらん等を
引き起こすことがあります。また、カンジダ菌がつきやすくなることで、
舌、唇、の痛み、灼熱感、両側口角炎を引き起こすこともよくあります。

ただ、ドライマウスの原因には様々なものがあり、お口の乾燥症状には、
個人差がありますので、問診、口腔内診査、各種検査等を行ってみないと、
どこまで進行するか、確かなことはわかりません。

初期は症状が比較的軽いため、しばらく放置して受診される方もおられますが、
あまり放置しすぎると治療効果がでにくく症状も軽減しにくいため、
できるだけ早めの受診を心がけてください。

症状、検査の結果によってはお薬を飲んで頂いたり、
口の中の保湿剤を使っていただいたり、夜にマウスピースをはめて寝て頂いたり。
それぞれの症状に合わせて治療を行います。

どうして口が乾燥すると虫歯になりやすいのですか?

ドライマウスになると口が乾燥し虫歯菌(ミュータンス菌)が
流されずに残ってしまいます。また、唾液の中には抗菌物質が含まれており
ドライマウスにより抗菌物質の量も減るために、虫歯菌が増えていきます。

また、ドライマウスの方は口の乾燥を改善するために飴を一日中なめている方も多く
さらに虫歯になるリスクが跳ね上がります。

このような理由で、ドライマウスの方は虫歯が非常に多く治療も大変になりますので、
早い目に専門の先生に診てもらって下さい。

ドライマウスの原因の一つである、シェーグレン症候群とはどの様な病気ですか?

シェ-グレン症候群とは、涙液分泌低下(ドライアイ)、
唾液分泌低下(ドライマウス)などの乾燥症状を伴うことが多い、
自己免疫疾患です。

シェーグレン症候群は、膠原病の合併のない一次性シェーグレン症候群と、膠原病を合併する二次性シェ-グレン症候群に分類されます。

一次性シェーグレン症候群には、涙腺・唾液腺に限局する腺型のものと、リンパ節、甲状腺、肺などに進展する腺外型のものがあり、腺外型では、リンパ節腫脹、慢性甲状腺炎、間質性肺炎、自己免疫性肺炎、原発性胆汁性肝硬変、尿細管性アシドーシスなどの合併が、しばしば認められます。

また、他の自己免疫疾患を合併する二次性シェーグレン症候群では、慢性関節リウマチ、全身性エリテマトーデス、進行性全身性硬化症、皮膚筋炎・多発性筋炎、混合性結合組織病などを合併することがあります。 現在のところ、シェーグレン症候群に対する根本的な治療法は存在しないので、内服薬などの対症療法が行われます。

半年前から舌の先が痛く、内科や耳鼻科に行っても「問題ない」と言われます。どうしたらよいですか?

舌痛症(ぜっつうしょう)の可能性があります。
舌のヒリヒリすり切れるような痛みや燃えるような灼熱感を訴えるが、
視診や触診などによって器質的変化が認められない慢性的な舌の痛みの
状態をいいます。

臨床的特徴としては、痛む場所(舌の先や、真ん中が痛いと訴える方が多い)が日によって違ったり、食事の時は痛みを忘れている。また、何かに熱中している時は痛みを忘れていることが多い。
また味覚異常などを併発している場合も約半数を占めています。

ドライマウスが原因である場合も多く、ドライマウスの治療も同時に行います。

まじめな几帳面な性格の人に多く(専門的にはメランコニー型と呼ばれます)、恐怖を生じるような身近な体験など心理的な因子により発症することが多いものです。
ここ数年、この疾患で診療所を訪れる患者様が増えています。

治療としては、まず舌炎による痛みとの鑑別診断がつけば、癌ではないことの説明をさせていただき、このような病気が存在することをよく理解していただきます。

治療は、まず歯などの刺激が一因なら改善する必要があります。
歯の鋭縁などの刺激が原因になって舌に小さな傷や荒れが生じてなかなか改善しない方もおられます。
弄舌癖といって舌であちこち舐めまわす癖のある方は注意が必要です。
そのような方の場合ツルツルしたマウスピースを装着して効果のある場合があります。 あわせて治療には、漢方薬が効く場合もあります。
外科的アプローチがないのはこの疾患が内科的疾患として考えられているからです。
治療には時間がかかりますが、あまり心配せず、根気よく治していく努力が必要です。
発症から受診までの期間が短い人ほど予後が良いといわれています。
さらに舌痛症のほかに舌の痛みが出る病気には細菌やウイルスの感染による口内炎、またカンジダ菌による炎症が起きていることもあります。
カンジダ症がある場合には抗真菌剤が効くこともあります。

鏡で舌を見ると真ん中に深い割れ目があります。何か問題がありますか?

舌の割れ目については、溝状舌(こうじょうぜつ)といい、
舌の表面に多数の溝のみられる状態を指します。
おそらく、家族性にみとめられる先天性溝状舌(こうじょうぜつ)で
あると考えられます。
先天性溝状舌では通常は自覚症状がないが、形状の異常と悪性変化を気になさる方が多いものです。
文献的には成人の約15%に溝状舌がみられるといわれていますので珍しいものでもありません。
また、加齢に伴う変化として現れる場合もあります。

ときに痛みを自覚することがありますが、自然に消退する場合が多く、無害であるので、ご心配はいりません。
特に、何をしたからといって治るものでもありませんが、疼痛や炎症を伴う場合は、うがい薬や口腔用軟膏を使用することもあります。
特に舌の溝にカンジダ菌が付着し易いため抗真菌剤が有効なときもあります。

疼痛や異常な変化を感じる場合は、専門の医院もしくは口腔外科を受診されてご相談されることをお勧めいたします。
お近くなら受診してみてください。

舌痛症ではどのような方、どのような症状が多いですか? 

舌痛症の大まかな特徴を挙げますと、以下のような症状が代表的です。

・40-60歳前後の中高年の女性に多い
・真面目で几帳面な性格の人がなりやすい
・歯科治療の後に発症することもしばしばある
・痛みは我慢できないほどではないが、1日中気になり、舌に神経が集中している 感じである
・午前中より、夕方から夜にかけて痛みが増悪する
・痛む部位が移動することがある。唇や口蓋までピリピリ痛むこともある
・口内炎の軟膏をつけたり、ビタミン剤や痛み止めを飲んでも一向によくならない
・何度も歯の先などを研磨しても舌にこすれる感じがとれない
・口の中が乾いたり、「ザラザラした感じ」や味覚の変化(おいしくない、本来の味が しない)をしばしば伴う
・舌癌を心配していることが多い
・不眠や頭痛など自律神経症状を伴うことが多い
・CTやMRIでは特に脳の病変は認められない

などがあげられます。

ドライマウスの予防について教えて下さい。

ドライマウスは色々な原因が重なって症状が出てくる場合が多くみられます。
生活習慣の中に該当するものがありましたら、一つずつ改善して下さい。

○唾液腺をマッサージする。
唾液腺とは唾を作るところで、場所は顎の下から耳の下にかけてあります。
その部分を一日何回かマッサージすることで唾が出やすくなりますのでお試し下さい。

○食生活 現代の食生活では唾液を十分に出さなくても飲み込めるようなファーストフードや食事が主流になっています。
このため唾液の分泌が従来よりも少なくなり、口腔内の乾燥となって現れます。
ゆっくりと噛み応えのある食品に変えるなどで、唾液腺を刺激することが大切です。

○ストレス 唾液腺は交感神経という自律神経でコントロールされていますが、非常にストレスに敏感です。
ストレスがかかったり緊張をすると交感神経が刺激され、唾液の分泌が抑制されます。
あまり緊張しないよう楽しくゆとりある生活を心がけてみて下さい。
気分転換をしましょう。

○ 薬物 抗鬱剤(抗うつ剤)、鎮痛剤、抗パーキンソン剤、降圧剤などの多くの薬物の副作用として唾液分泌の低下があり、可能であるなら薬の量を減らすなど担当医と相談して下さい。(勝手に判断せずに必ず主治医の先生にご相談下さい。)

○ 保湿剤を使う(口臭予防と同様) ポリグリセリルメタクリレートやヒアルロン酸配合の保湿潤滑剤や洗口剤を使用します。
特に夜、寝ている時に口の渇きがきつい方はモイスチャートレー(マウスピースの様なもの)と併用していただくと、ほとんどの方に楽になったと喜んで頂いてます。

特に就寝時や起床時に乾燥感・ネバネバ感があります。

ドライマウスの症状が就寝時や起床時に現れる方がおられます。
この場合、カンジダ菌の繁殖によるものか口呼吸によるものが考えられます。

○カンジダ菌の繁殖
就寝中の口腔内は菌の繁殖に最適な温度と湿度です。
口腔は外部と接している臓器であり菌が侵入しやすいことから、カンジダ菌をはじめ様々な細菌の繁殖により、朝起きた際の口腔内のネバネバ感が引き起こされている可能性があります。
治療は抗真菌剤が効果的です。
同時に歯磨きを念入りに行うなど、就寝前に口腔内の菌をできるだけ減らしておくためのより丁寧な口腔ケアが不可欠です。

○口呼吸
もう一つの原因として、口呼吸が上げられます。
唾液が蒸発してしまうことによる乾燥感、そして唾液の蒸発によるカンジダ菌の繁殖がネバネバ感を引き起こしています。
カンジダ菌は誰の口の中にも存在する菌ですが、通常は唾液により洗い流されてしまいます。
しかし口呼吸することで唾液が蒸発してしまい、上手く流されずに菌が繁殖してしまうのです。

治療は原因別に行っていきます。
【鼻閉塞が原因の口呼吸】
鼻炎の原因など鼻閉塞の解消を考えます。
市販の鼻腔拡張テープなども効果的な場合があります。
必要であれば耳鼻科での診察もしていただきます。

【口腔周囲筋の衰えによる口呼吸】
上向きで寝ると口が開きやすく、一度寝方をかえてみるのも大切です。

【それでも緩和しないときは】
ナイトガード(歯ぎしり防止装置)の使用が効果的です。
保湿剤との併用で夜の乾燥間がかなり改善していきます。

特定の状態の時に乾燥感・ネバネバ感があります。

緊張したり強いストレスを受けるなどして交感神経が優位になると
唾液の分泌が抑制されるため、口の中が乾燥し、ネバネバしてきます。

特に非日常的なことが起こると誰でもストレスを受けます。
普段のライフスタイルを見直し、どういったときに乾燥感やねばつきがおこるのか考えてみることで、原因が見つかるときもあります。

ただ症状が深刻な場合は少し気分を落ち着かせるお薬(SNRI、SSRL等)を服用していただくのも効果的です。

薬をたくさん飲んでいます。ドライマウスに関係ありますか?

花粉症の時期や風邪をひいた時に、鼻炎の薬を飲んだら鼻、目、口など
あらゆるところが乾いて困ったという経験をお持ちの方も多いのでは
ないでしょうか?
ドライマウスの中でも、このような薬剤による副作用が原因で引き起こされるものが「薬剤性ドライマウス」です。
ドライマウスに悩まれている方の約半数ともいわれ、非常に多いケースです。主に向精神薬、降圧剤、抗コリン剤、抗アレルギー剤などがドライマウスを引き起こす薬剤としてあげられます。

ただし実際、内科主治医先生と相談しながら、これらの薬剤を減量、休薬を検討していくのですが、現在服用中の薬を減量、休薬できるケースは少なく、保湿剤や漢方薬等で対応していきます。

口がかわいて水を飲み過ぎるとどうなりますか?

水は飲みすぎても特に問題はありません。
しかし、胃液がうすめられて胃腸の調子が悪くなることもあります。
また、満腹感から十分栄養のある食事ができなくなることもあるかもしれません。
水は飲むより、口に含んでうがいのようにすることもよいと思います。
また、 症状、検査の結果によってはお薬(漢方薬やシェーグレン症候群のお薬)を飲んで頂いたり、口の中に保湿剤を使っていただいたり、夜にマウスピースをはめて寝て頂いたり。
それぞれの症状に合わせて治療していくと効果的です。

舌がひび割れているのはドライマウスですか?

ドライマウスになると舌の粘膜も乾燥し、舌にヒビが入ったようになります。

溝状舌といい、 舌の表面に多数の溝が見られる状態を指します。

自覚症状としては、溝の部分に炎症を併発した場合には、軽い痛みと刺激物による痛みを訴えることがあります。
舌の表面の溝の形態は、数本の溝や不規則で小さい溝としてみられるものや、舌の中央に大きな溝があり、これから小さな溝が左右に出ている形のもの、舌縁に放射状にみられる場合や舌全体に分布するものもあります。

合併症としては、溝の部分は自浄作用が悪いため、プラークにより不潔となりやすく、軽度の炎症や、カンジダ症を併発することが多いものです。
また全身疾患は認めないが、老人に溝状舌を認めることがあります。

ときに疼痛を自覚するが、自然に消退する場合が多く、経過は良好です。

疼痛や炎症を伴う場合は、うがい薬や口腔用軟膏を使用することもあります。

どうして唇と目の検査が必要なのですか?

ドライマウスの原因の一つにシェーグレン症候群があります。

シェ-グレン症候群とは、涙液分泌低下(ドライアイ)、
唾液分泌低下(ドライマウス)などの乾燥症状を伴うことが多い、自己免疫疾患です。

この病気は自分の唾液を分泌する組織や目の涙を出す組織を自分の細胞が攻撃してしまう病気です。

その病気がどうかを判定するためには唾液腺という組織を少しだけ採取して、顕微鏡で攻撃している細胞がいるかどうかをはっきりさせる時があります。

また、涙の腺も攻撃してしまいますので、涙の量を測ることで、疾患の診断基準の一つとします。

シェーグレン症候群は典型的に中年女性に多い病気で、50歳代にピークがあります。
圧倒的に中年女性に多い病気ですが、高齢者や子供を含む若者にも見られます。
関節リウマチをはじめ、膠原病の患者によく発症することがあります。

漢方薬を飲んでますが、あまりききません。

ドライマウスの治療に漢方薬を使用することがあります。

当院ではシェ-グレン症候群ではないけれど、うがい薬や保湿剤等で
改善されない方に服用して様子を見て頂いてます。

ただ漢方薬は症状や個人差がにより、効く場合と、あまり効かない場合があります。逆に言えば副作用が比較的少ない薬と言えます。

ただ、一つ言える事は、漢方薬には即効性製はないため、しばらく継続して使っていただかないといけません。
普段の薬と違って体質も徐々に改善していくイメージを持っていただくと良いと思います。

効果が少ない場合は、主治医の先生と相談していただいて、種類を変えてみるのも1つでしょう。

糖尿病で口が渇きますが何か良い方法はないですか?

糖尿病の症状でよく知れるものに、口やのどの異常な渇きがあります。
糖尿糖尿病の人はオシッコは、その名の通り、糖が含まれています。

糖を含んだオシッコは浸透圧が高くなり、水を尿管をひっぱる力が強くなります。
その結果として多量のオシッコが排泄され、全身としては、脱水症状が慢性的に易い状態になります。
その結果として、ドライマウスが生じるそです。
つまり、糖尿病によるドライマウスは脱水症状が原因の一つといえると思います。

治療としては、内科での糖尿病のコントロールと、歯科による漢方薬の投薬。
保湿ジェルや人工唾液の使用などの対症療法となります。

高血圧の薬を飲んで口が乾きます。

もし、そのお薬を飲む前には問題がなく、お薬を服用している時だけ口が
渇くということになれば、病気が原因のドライマウスではなく、薬剤性の
ドライマウスの可能性が高いと言えます。

一般に副作用により口腔乾燥を生じる薬剤として、降圧薬、利尿薬、抗ヒスタミン薬、抗うつ薬、抗不安薬、鎮痛薬がよく知られています。
これら以外にも口渇を来す薬剤は多くあり、日本医薬品集のデーターベースで副作用に口渇を挙げているもの約600種類にものぼるとされています 。

ただ、多くの場合全身状態の安定のために、お薬は必要であり、ドライマウスの治療は漢方薬や保湿剤使用による対症療法になります。

シルマーテスト、サクソンテストとはなんですか?

どちらもシェーグレン症候群を確定するための検査になります。

まず、シルマーテストは、涙の量を測定するシェーグレン症候群の症状の1つ。
ドライアイを診断するために欠かせない代表的な検査法です。

シルマーテストの方法は、大きさが7×50ミリほどの細い濾紙(涙紙)の一端を少し折り曲げ、眼の涙点上に挟んで5分間まぶたを閉じます。
濾紙に涙がしみこんでくるので、その数値を読み取って涙の量を計測します。

5分間に出る涙の量が10mm前後であれば、正常と判断され、5mm以下であればドライアイが疑われます。

また、サクソンテストとはドライマウスの唾液分泌検査の1つです。

ガーゼに吸収した唾液量を測定します。
ガーゼを噛む前にガーゼの重量を計っておき、2分間噛んだ後のガーゼの重量を計り、その差を唾液分泌量とします。
2g/2分以下が唾液分泌低下とされています。

他にガムテスト、安静時唾液検査があります。

唾液分泌促進薬はどうして効くのですか?

唾液分泌促進薬(塩酸セビメリン)は、弱った唾液腺に直接刺激を与えます。

唾液腺は交感神経と副交感神経の二重支配を受けていますが、
主な唾液分泌はムスカリン性アセチルコリン受容体を介した副交感刺激によります。
セビメリン塩酸塩水和物は、唾液腺や涙腺に作用して分泌機能を促進します。
有効性はかなり高く、とても期待されている薬剤です。
副作用としては、嘔気や腹痛などの消化器症状や発汗などがあります。
ただし、消化器症状は内服量を1~2週毎に増量することにより回避することができ、ステップアップ式投与法を行うと良いでしょう。

これらの薬剤は唾液分泌を促進する有効な薬剤であり、「シェ-グレン症候群に伴う口腔乾燥症状」に対して保険適応があります。

初めまして!保育士の小山郁子です。育児で頑張っておられるお母さんの
ためにお手伝いができたらと思っておりますので、
お気軽にご相談くださいね。(要予約)

託児について詳しくはこちらからどうぞ