ページトップへ

大阪の歯科、加藤歯科医院|ブリッジについて。

  • 加藤歯科医院 羽曳野 入れ歯

    2022年12月2日(金)

    【失った歯を補う】なんとなく知ってるけど詳しくは知らない!入れ歯について説明します!

  • 加藤総合歯科・矯正歯科 インプラント 羽曳野

    2022年11月22日(火)

    「噛めるからこのままでいいや」はダメ!歯を失ったまま放置することで起こるお口の崩壊とは?

  • 加藤歯科医院 羽曳野 インビザライン

    2022年11月12日(土)

    【インビザライン】実はとても大切な「保定」について詳しく解説します!

  • 加藤歯科医院 羽曳野 インビザライン

    2022年11月2日(水)

    子供用のインビザライン「インビザラインファースト」について

  • 加藤総合歯科・矯正歯科 羽曳野 インビザライン

    2022年10月23日(日)

    【インビザライン】矯正のために歯に隙間を作るIPRとは?その有用性を解説します!

≫ ブログ一覧へ

≫ ブログ一覧へ

≫ 過去の記事を見る

加藤歯科のお知らせ・日記

2010年7月14日 PM 05:19

歯科

ブリッジについて。

連日凄い雨ですね。事故も多いですから車の運転には気をつけて下さい。羽曳野市の加藤歯科です。
今回はブリッジについてお話します。
ブリッジとは、歯の無くなってしまった所に人工の歯を取り付ける治療の一つです。
ブリッジは、例えば1歯欠損の場合両側の歯を削り、それらを支柱にして、3つの歯が連なったようなクラウンを取り付けます。この治療法は、両側の歯が必要なため1本欠けてしまった時などに多く使われます。
固定性なので違和感が少ないですが、両側の歯が健康な歯でも削らなくてはいけないという特徴があります。(両側がすでに被せ物をしていればあまり問題はないです。)
少数歯の欠損の治療法には他に、部分入れ歯、インプラントなどがあります。
ただしインプラントになると保険外の自費治療になります。
保険のブリッジの場合には、前から3番目の歯(犬歯)までしか白い歯(硬質レジン前装冠)にすることができず、前から4番目以降の歯は金属の歯になります。
保険外の場合には、前から4番目以降の歯を白くすることが可能です。
実はブリッジも含め欠損歯の治療はケースバイケースで、なかなかBESTな方法を導き出すのは難しいです。
一度専門医にご相談下さい。
                          羽曳野市・古市駅の加藤歯科

≫ 過去の記事を見る

加藤歯科医院 医療法人 えみは会

月曜~土曜9:00~12:00

月曜~金曜14:00~18:00

休診日:土曜午後・日曜・祝日

WEB初診予約
画像
歯の治療のはじまりはリラックスできる対話から

近鉄古市駅徒歩3分

こちらをタップでそのままお電話できます

〒583-0856 大阪府羽曳野市白鳥2-16-34
バリアフリー 駐車場4台完備

画像 画像

Copyrightc2018 加藤歯科 All right reserved.

加藤歯科医院 医療法人 えみは会

〒583-0856 大阪府羽曳野市白鳥2-16-34
バリアフリー 駐車場4台完備

9:00~12:00

14:00~18:00

休診日:土曜午後・日曜・祝日

近鉄古市駅徒歩3分