ページトップへ

大阪の歯科、加藤総合歯科・矯正歯科|コーヌスクローネ

  • 加藤総合歯科・矯正歯科 羽曳野 インプラント

    2023年2月7日(火)

    【インプラント】成功のカギは顎の骨の量!?骨が足りない場合は新しく作れます!

  • 加藤歯科医院 羽曳野 インプラント

    2023年1月28日(土)

    【インプラント】受けたいけど怖い!そんな人のための麻酔があるのを知っていますか?

  • 加藤歯科医院 羽曳野 インプラント

    2023年1月17日(火)

    【失った歯を補う】聞いたことあるけど詳しくは分からない?インプラントについてお話します!

  • 加藤歯科医院 羽曳野 入れ歯

    2023年1月6日(金)

    【自費の入れ歯】総入れ歯も快適に!3つの入れ歯の特徴について解説します

  • 加藤歯科医院 羽曳野 ブリッジ

    2022年12月22日(木)

    【失った歯を補う】かぶせ物で欠損を修復できる!?ブリッジについてお話します!

≫ ブログ一覧へ

≫ ブログ一覧へ

≫ 過去の記事を見る

加藤歯科のお知らせ・日記

2010年10月25日 PM 12:34

歯科

コーヌスクローネ

WS000465.JPGこんにちは羽曳野市の加藤歯科です。
コーヌスクローネとは、骨植の良好な歯を削る、もしくはしっかりした土台を建て、それに内冠を被せた上に義歯に外冠をつける事で内外冠の摩擦抵抗を生じさせ義歯を維持する方法です。
ちょうど、口紅とキャップの関係に似てます。
一番のメリットは入れ歯を入れている時に、入れ歯の金具が見えないので審美的に非常に有利になります。
複数の歯を抜歯した時に、健全な歯にクラスプ(入れ歯の金具)を掛けた部分入れ歯を作成し装着するのが一般的な治療方法ですが、この方法ではクラスプが見えてしまったり、違和感を覚える事があり、また時間が経つとクラスプが開き維持が悪くなると言う欠点があります。
この欠点を補うためにコーヌスクローネ義歯は作られました。維持力の低下がほとんどなく、長期間使用する事ができます。
最近はさらに改良され、内冠と外冠の間にクッション性をもたせる「ソフトアタッチメント」が主流になりつつあります。
                              羽曳野市・古市駅の加藤歯科

≫ 過去の記事を見る

加藤総合歯科・矯正歯科 医療法人 えみは会

月曜~土曜9:00~12:00

月曜~金曜14:00~18:00

休診日:土曜午後・日曜・祝日

WEB初診予約
画像
歯の治療のはじまりはリラックスできる対話から

近鉄古市駅徒歩3分

こちらをタップでそのままお電話できます

〒583-0856 大阪府羽曳野市白鳥2-16-34
バリアフリー 駐車場4台完備

画像 画像

Copyrightc2018 加藤歯科 All right reserved.

加藤総合歯科・矯正歯科 医療法人 えみは会

〒583-0856 大阪府羽曳野市白鳥2-16-34
バリアフリー 駐車場4台完備

9:00~12:00

14:00~18:00

休診日:土曜午後・日曜・祝日

近鉄古市駅徒歩3分