ページトップへ

大阪の歯科、加藤歯科医院|壮大な無駄に終わった地デジ化!

  • インビザライン羽曳野

    2020年7月8日(水)

    【歯列矯正・インビザライン】アタッチメントで歯が動く!インビザラインの仕組み教えます

  • 大阪インビザライン

    2020年6月26日(金)

    周囲に全く気づかれない新時代の矯正治療インビザラインとは

  • 羽曳野ヒアルロン酸

    2020年6月11日(木)

    【若返り】ほうれい線が一瞬で消せます!

  • 新型コロナ歯科感染

    2020年5月17日(日)

    【新型コロナが歯科医院で感染し易い】は完全なデマ!

  • コロナ歯科

    2020年4月30日(木)

    歯科が新型コロナに立ち向かわなければならない理由

≫ ブログ一覧へ

≫ ブログ一覧へ

≫ 過去の記事を見る

加藤歯科のお知らせ・日記

2010年11月11日 PM 12:31

家電

壮大な無駄に終わった地デジ化!

WS000251.JPG羽曳野市の加藤歯科です。
総務省は来年7月のアナログ放送停止のとき、アンテナ工事が間に合わない世帯がBS経由で地デジ番組を視聴できるようにする「緊急対策」を講じると発表しました。
これはBS291~8チャンネルのスクランブルを外すということなのですが、ポイントはこの対策にはまったく予算はかからないということ!!。
なぜ総務省は、今までこの方針ををとらなかったのでしょうか?
これについては郵政省(当時)でも議論があったようで郵政省内にも「衛星でやれば200億円ですむデジタル化を1兆円以上かけて地上波でやるのはリスクが大きい」という反対論があったとのことです。
このような無意味なプロジェクトにすでに3000億円以上の国費が投入されています。
これはまさしく地方民放が既得権を守るために進められたプロジェクトで、その民放も経営難から無駄な中継局への投資はができなくなり、BS化やCS化を提案しているそうです。
今更、何を言っているんだか。
しかも、地上波の放送をすべて衛星に移行しておけば、UHFとVHFの400MHz以上を空けることができて、もしかして日本は世界トップの無線ブロードバンド先進国になれた可能性があります。
既得権の最後の象徴の総務省をなんとかしてほしいものです!!。
羽曳野市・古市駅の加藤歯科

≫ 過去の記事を見る

加藤歯科医院 医療法人 えみは会

月曜~土曜9:00~12:00

月曜~金曜14:00~18:00

休診日:土曜午後・日曜・祝日

画像
歯の治療のはじまりはリラックスできる対話から

近鉄古市駅徒歩3分

こちらをタップでそのままお電話できます

〒583-0856 大阪府羽曳野市白鳥2-16-34
バリアフリー 駐車場4台完備

画像 画像

Copyright©2018 加藤歯科 All right reserved.

加藤歯科医院 医療法人 えみは会

〒583-0856 大阪府羽曳野市白鳥2-16-34
バリアフリー 駐車場4台完備

9:00~12:00

14:00~18:00

休診日:土曜午後・日曜・祝日