加藤歯科の2018年10月の日誌

サイトマップ
加藤歯科TOP

大阪にある歯科の加藤歯科では患者様とのコミュニケーションを第一に診療しています。いつでもお気軽に相談して下さい。

加藤歯科の業務を月ごとにご紹介

« 2018年9月 | メイン | 2018年11月»
白い歯の選択の大きな秘訣!【動画】
白い詰め物で
歯の治療を選択するとき

クリニックのスタッフさんや
主治医の先生と話を聞いて
悩むときありますよね。

動画で
解説しているので
よかったら
見てください


WSAL000000.JPG
2018年10月24日
健康寿命の鍵は口にあり!
WS001269.JPG

●健康寿命の鍵は"口"にあり!

健康寿命とは
健康上の問題で日常生活が制限されることなく生活できる期間のことですが
体の加齢による機能の減退は
口の機能の衰えに密接に関係しています。

口の機能の衰えを
「オーラルフレイル」
といいます。

オーラルフレイルを放置しておくと
硬いものをさける、野菜を食べない、肉を食べないなど
食に偏りがでてきます
そうするとますます噛む力が落ち
全身にも影響し

嚥下障害や要介護状態につながるということが出てきました。

したがって
本格的に悪くなる前
つまりオーラルフレイルの段階で何とかしなければなりません。



●オーラルフレイルの救世主のインプラント

歯が無くなった時に
それを補う治療には
入れ歯やブリッジ(かぶせ)が
ありますが
この2つの治療の共通点は
残っている歯に過剰な負担をかけて
噛み合わせを作っていく
つまり
長期的に歯を消耗させていくグループになります。

インプラントは
失った歯の部分に人工的に歯を復活させることで
残っている他の歯を守り
長期的に
噛み合わせをしっかりと構築し
「オーラルフレイルを予防することで健康寿命が延びる」
のです。

治療のご相談は
ドクターやスタッフにいつでも相談して下さい
2018年10月20日
保険の白い歯って結局どううなの?【動画】
今回

保険の白い歯
について
動画をあげさせてもらいましたので

よろしくお願いします!



WSa000377.JPG
2018年10月19日
虫歯の再発の理由には大きな原因があるんです!【動画】
皆さん不思議に思っている
虫歯の再発
大きな原因があるんです!

動画とってますので
よかったら見て下さい!

https://www.youtube.com/watch?v=__rHpbnkyZI


WS001263.JPG


2018年10月14日
最新デジタル治療で1日で治療終了!
WS001262.JPG
歯の型も取らない
最新治療
お口をスキャンしてその日に治療が終わる。
セレックによる1Dayセラミック治療
今日の患者様は
『歯型をとるのがとても苦手だったけどスキャンはとても楽だし1日で治療が終わるしとても良かったです』
とのこと。

実際デジタルでスキャンするので
歯の型を取らないので
患者さんもとても楽に治療が終われました。

セレック治療はフルデジタルで
作られるため
修復物の適合もよく
大変キレイなうえに
とても長持ちする治療です

今日もお疲れ様です。
2018年10月12日
保険の金属治療は水銀以上に有毒
WS001261.JPG
日本の保険治療に使われいてるのが
パラジウムと言われている合金です。

日本でもようやく水銀については
体内環境への影響が市民レベルに認知されるようになってきたと思います。

パラジウムはあまり馴染みのない金属かもしれませんが
虫歯の治療で歯にあけた穴を埋める合金にパラジウムが使われています。

昔使われていたアマルガム合金は水銀を含んでおり
最近日本では使われていません。

今保険治療でメインで使用されている
金属はパラジウム合金で

パラジウムは胃腸において吸収され水銀と同様に細胞機能を阻害します。
パラジウムは水銀より有毒であるかもしれません。

中毒の初期症状としては、舌の熱傷感、疲労、リンパ節膨張、過度のだ液分泌、口内の異常冷感覚、アレルギー症状、頭痛、赤目などが報告されています。また体内毒性が進むことにより歯茎および舌の腫れと麻痺、気管支炎、体重減少、筋肉と関節の痛み、耳鳴り、不整脈、記憶損失、及び、過度の発汗が報告されています。

保険診療で使われているパラジウム合金
について
知っておかれると
よいと思います。


2018年10月11日
なぜ1度治療した歯が再び虫歯になるかは〇〇も原因大です①。

みなさん
今まで
歯の治療は経験があると思いますが

一度治療治療しているはずなのに
何年かたって
その歯が痛い!

歯科医院に行ってみてもらうと
虫歯が再発!!

また虫歯の治療に通わなければ
いけない。

こんな
経験あると思います。

一度治してるはずなのに
なぜ
また虫歯なの?

もかして
以前の治療が
ちゃんとしれくれてなかったのかな?

こんな経験あると思います。

もちろん
「最近忙しくて歯ブラシをさぼってたからな~」
などは
論外ですが

「自分はしっかりと毎食歯ブラシをしているのに納得いかない」

という場合も多いですね。

原因は色々とありますが

大きな原因の一つは
保険の金属の修復です。

「えー。保険の金属の治療でもしっかりと治るんじゃないの?」

と思っている方
多いと思います。

実は
金属での治療は
歯を悪くしていきます

WS001254.JPG
<金属は本当に歯をダメにします>

その理由は3つあります。

① 金属は歯の2倍熱で膨張するので温かいお茶や鍋物などを食べるたびに
2倍膨張し、できた隙間に汚れが入り込み、食べ終わったら汚れを含んだまま
金属はもとにもどります。

② 金属は歯とくっつきません。セメントと呼ばれているもので維持されているだけなので
金属が膨張したら、隙間がどんどん大きくなって
まるで虫歯の温室栽培のようになってしまいます。

③ 保険で使われている金属の成分はパラジウムという、体に害を及ぼす金属です


2018年10月 6日