ページトップへ

大阪の歯科、加藤歯科医院|第9回南大阪口腔疾患勉強会 vo.2

  • 加藤歯科医院 羽曳野 入れ歯

    2022年12月2日(金)

    【失った歯を補う】なんとなく知ってるけど詳しくは知らない!入れ歯について説明します!

  • 加藤総合歯科・矯正歯科 インプラント 羽曳野

    2022年11月22日(火)

    「噛めるからこのままでいいや」はダメ!歯を失ったまま放置することで起こるお口の崩壊とは?

  • 加藤歯科医院 羽曳野 インビザライン

    2022年11月12日(土)

    【インビザライン】実はとても大切な「保定」について詳しく解説します!

  • 加藤歯科医院 羽曳野 インビザライン

    2022年11月2日(水)

    子供用のインビザライン「インビザラインファースト」について

  • 加藤総合歯科・矯正歯科 羽曳野 インビザライン

    2022年10月23日(日)

    【インビザライン】矯正のために歯に隙間を作るIPRとは?その有用性を解説します!

≫ ブログ一覧へ

≫ ブログ一覧へ

≫ 過去の記事を見る

加藤歯科のお知らせ・日記

2009年11月23日 AM 11:20

歯科

第9回南大阪口腔疾患勉強会 vo.2

WS000066.JPG
今回のメインの講師は 松本大学薬理学、口腔内科 教授の 王先生でした。
王先生は非常に有名な先生で、口腔内科という今までに歯科になかったアプローチで、今まで急性疾患中心であった歯科治療を、慢性疾患(例えば「歯周病」)を内科的に治療いておられる先生です。
特に今回は重症な歯周病に対しての抗生剤の長期投与についての貴重な講演でした。
歯周病は近年バイオフイルム感染症として認知されました。
バイオフイルムとは、近な例としては、歯垢や台所のヌメリなどがあります。自然界にも広く存在し、基質と水があれば、あらゆる場所に存在します。たとえば、水中の石の表面についている膜状のものなどが当てはまります。
バイオフィルム内では様々な種類の微生物が存在し、その中で菌が繁殖するので、薬だけを飲んで治る単純な病気ではないのです。
今回、王先生は今作成中の新しい歯周病における薬のガイドラインについても話をされ、とても有意義な講演でした。

≫ 過去の記事を見る

加藤歯科医院 医療法人 えみは会

月曜~土曜9:00~12:00

月曜~金曜14:00~18:00

休診日:土曜午後・日曜・祝日

WEB初診予約
画像
歯の治療のはじまりはリラックスできる対話から

近鉄古市駅徒歩3分

こちらをタップでそのままお電話できます

〒583-0856 大阪府羽曳野市白鳥2-16-34
バリアフリー 駐車場4台完備

画像 画像

Copyrightc2018 加藤歯科 All right reserved.

加藤歯科医院 医療法人 えみは会

〒583-0856 大阪府羽曳野市白鳥2-16-34
バリアフリー 駐車場4台完備

9:00~12:00

14:00~18:00

休診日:土曜午後・日曜・祝日

近鉄古市駅徒歩3分