ページトップへ

大阪の歯科、加藤歯科医院|1台2役の「加湿空気清浄機」が人気 Vol.2

  • 加藤歯科医院 羽曳野 顎関節症 インビザライン 歯ぎしり 食いしばり

    2022年6月21日(火)

    無意識にしていませんか?歯ぎしり・食いしばりについて解説します!

  • 2022年6月13日(月)

    金属を使った修復物って具体的にどんなデメリットがあるの?徹底解説します!

  • セラミック 羽曳野 加藤歯科

    2022年6月6日(月)

    セラミック治療って具体的にどんなメリットがあるの?徹底解説します!

  • 2021年8月10日(火)

  • 羽曳野・インビザライン

    2021年7月25日(日)

≫ ブログ一覧へ

≫ ブログ一覧へ

≫ 過去の記事を見る

加藤歯科のお知らせ・日記

2009年12月3日 PM 12:18

家電

1台2役の「加湿空気清浄機」が人気 Vol.2

WS000228.JPG
さて、前回の続きです。
加湿空気清浄機の差別化の目玉となっているのが、空気清浄機能の1つである「除菌方式」の違いです。この除菌方式の違いとそれぞれの効果は製品選びの大きなポイントの1つとなっています。
現在、除菌方式は、従来の「ウイルスを捕って除菌する」ものと、ここ数年で新しく登場した「浮遊するウイルスを空中で除菌する」という2つに大別することができ、特に後者の「空中除菌」は、風邪の予防だけでなく、新型インフルエンザの流行が気になる今、注目を集めている機能の1つ。
●「捕って除菌」
吸い込んだ空気の汚れやウイルスを本体内部に取り込んで、フィルターなどで分解・除去。きれいになった空気を部屋に放出するという方式。現在、ダイキンや三菱電機などがこの方式を採用しています。この方式の場合、いかに空気を効率よく吸い込めるかがポイントとなり、主に風量が重要視されます。また、フィルターの性能などが差別化のポイントとなります。
●「空中で除菌」
「空中で除菌」とは、本体で清浄したキレイな空気を放出する時に、ウイルスを無力化させたり菌の繁殖を抑制できる「イオン」をいっしょに放出するという仕組みの除菌方式です。室内に浮遊するウイルスや菌、アレル物質に攻撃を仕かけることができるので”空中除菌””放出除菌”などともいわれており、シャープの「プラズマクラスター」やパナソニックの「ナノイー」、三洋電機の「ウイルスォッシャー」などが代表格です。
除菌のメカニズムや考え方はメーカーによって違いはありますが、放出されたイオンが浮遊ウイルスや菌の抑制に有効なだけでなく、カーテンやソファ、布団などの繊維にも浸透し除菌できるということから、ここ最近特に注目を集めています。
最後に、空気清浄機に搭載されたどんなに優れた先進技術も、抑制する能力はありますが、予防を100%保証するものではありません。買う方は”過信”せず、売る方は”誇張”に陥らず、じっくり落ち着いて品定めしたいものです。

≫ 過去の記事を見る

加藤歯科医院 医療法人 えみは会

月曜~土曜9:00~12:00

月曜~金曜14:00~18:00

休診日:土曜午後・日曜・祝日

WEB初診予約
画像
歯の治療のはじまりはリラックスできる対話から

近鉄古市駅徒歩3分

こちらをタップでそのままお電話できます

〒583-0856 大阪府羽曳野市白鳥2-16-34
バリアフリー 駐車場4台完備

画像 画像

Copyrightc2018 加藤歯科 All right reserved.

加藤歯科医院 医療法人 えみは会

〒583-0856 大阪府羽曳野市白鳥2-16-34
バリアフリー 駐車場4台完備

9:00~12:00

14:00~18:00

休診日:土曜午後・日曜・祝日

近鉄古市駅徒歩3分