ページトップへ

大阪の歯科、加藤総合歯科・矯正歯科|医療ドラマでの応急処置、約半数は間違い?

  • 加藤総合歯科・矯正歯科 羽曳野 インプラント

    2023年2月7日(火)

    【インプラント】成功のカギは顎の骨の量!?骨が足りない場合は新しく作れます!

  • 加藤歯科医院 羽曳野 インプラント

    2023年1月28日(土)

    【インプラント】受けたいけど怖い!そんな人のための麻酔があるのを知っていますか?

  • 加藤歯科医院 羽曳野 インプラント

    2023年1月17日(火)

    【失った歯を補う】聞いたことあるけど詳しくは分からない?インプラントについてお話します!

  • 加藤歯科医院 羽曳野 入れ歯

    2023年1月6日(金)

    【自費の入れ歯】総入れ歯も快適に!3つの入れ歯の特徴について解説します

  • 加藤歯科医院 羽曳野 ブリッジ

    2022年12月22日(木)

    【失った歯を補う】かぶせ物で欠損を修復できる!?ブリッジについてお話します!

≫ ブログ一覧へ

≫ ブログ一覧へ

≫ 過去の記事を見る

加藤歯科のお知らせ・日記

2010年2月16日 PM 12:31

日常

医療ドラマでの応急処置、約半数は間違い?

WS000297.JPG
私はあまりドラマは見ないのですが、医療ドラマは結構好きです。
ただ、救急シーンに問題が発覚したみたいです。
————————————————————-
[ニューヨーク 14日 ロイター] カナダのハリファックスにあるダルハウジー大の研究チームは14日、「ER緊急救命室」などの医療ドラマで映し出される応急処置の約半数は間違っているという研究結果を発表した。
 同研究チームが、医療ドラマ「グレイズ・アナトミー 恋の解剖学」と「Dr.House」、「プライベート・プラクティス 迷えるオトナたち」、「ER緊急救命室」の計327のエピソードを調べたところ、応急処置のシーンは59回登場し、うち51回が病院で行われ、ほとんどが医師や看護師によるものだった。 
 しかし、そのうち46%に当たる25のケースでは、処置を必要とする人を押さえ込んだり口に物を詰めるなど、不適切なことをしており、正しい方法が示されていたのは29%に当たる17のケースのみで、25%にあたる15のケースについては判断ができなかったという。
———————————————————–
                                羽曳野市・古市駅の加藤歯科

≫ 過去の記事を見る

加藤総合歯科・矯正歯科 医療法人 えみは会

月曜~土曜9:00~12:00

月曜~金曜14:00~18:00

休診日:土曜午後・日曜・祝日

WEB初診予約
画像
歯の治療のはじまりはリラックスできる対話から

近鉄古市駅徒歩3分

こちらをタップでそのままお電話できます

〒583-0856 大阪府羽曳野市白鳥2-16-34
バリアフリー 駐車場4台完備

画像 画像

Copyrightc2018 加藤歯科 All right reserved.

加藤総合歯科・矯正歯科 医療法人 えみは会

〒583-0856 大阪府羽曳野市白鳥2-16-34
バリアフリー 駐車場4台完備

9:00~12:00

14:00~18:00

休診日:土曜午後・日曜・祝日

近鉄古市駅徒歩3分