ページトップへ

大阪の歯科、加藤歯科医院|知覚過敏について。 Vol.1

  • 加藤歯科医院 羽曳野 顎関節症 インビザライン 歯ぎしり 食いしばり

    2022年6月21日(火)

    無意識にしていませんか?歯ぎしり・食いしばりについて解説します!

  • 2022年6月13日(月)

    金属を使った修復物って具体的にどんなデメリットがあるの?徹底解説します!

  • セラミック 羽曳野 加藤歯科

    2022年6月6日(月)

    セラミック治療って具体的にどんなメリットがあるの?徹底解説します!

  • 2021年8月10日(火)

  • 羽曳野・インビザライン

    2021年7月25日(日)

≫ ブログ一覧へ

≫ ブログ一覧へ

≫ 過去の記事を見る

加藤歯科のお知らせ・日記

2010年2月25日 PM 01:32

歯科

知覚過敏について。 Vol.1

WS000300.JPG
羽曳野市の加藤歯科です。
「最近冷たい物が歯にしみるようになった」「鏡でよく見ると、しみる所の歯茎(はぐき)がやせて、歯が長く見えるようになった」、こんな経験をお持ちの方も多いと思います。
まず、この「しみること」は、一般的に象牙質知覚過敏症と呼ばれ、その定義は「象牙質(歯の根っこの部分)に機械的・温度的・化学的な刺激が加わったときに生じる一過性の電撃的な刺激」とされています。そこで、この「象牙質知覚過敏症」の原因、予防、処置方法に焦点を絞り、解説していきましょう。
最近冷たいものが歯にしみてきて当院に来院した方がいます。とくにむし歯もなく、歯垢(歯に付着した汚れ)も認められず、歯茎の状態も良好です。しかしよく見ると、しみる部分の歯が露出し、一部歯がえぐられているのが見られます。
ちなみに、この患者さんが使用している歯ブラシは、新品の歯ブラシと比較すると、毛先が広がっていて、かなり強い力で歯を磨いていることがわかりました。
診療室で、実際に歯を磨いてもらいました。毛先が極度に広がり、歯のみならず歯茎にも強い圧が加わっていました。歯磨剤もたっぷり使っているとのことです。
 
                                 羽曳野・古市駅の加藤歯科

≫ 過去の記事を見る

加藤歯科医院 医療法人 えみは会

月曜~土曜9:00~12:00

月曜~金曜14:00~18:00

休診日:土曜午後・日曜・祝日

WEB初診予約
画像
歯の治療のはじまりはリラックスできる対話から

近鉄古市駅徒歩3分

こちらをタップでそのままお電話できます

〒583-0856 大阪府羽曳野市白鳥2-16-34
バリアフリー 駐車場4台完備

画像 画像

Copyrightc2018 加藤歯科 All right reserved.

加藤歯科医院 医療法人 えみは会

〒583-0856 大阪府羽曳野市白鳥2-16-34
バリアフリー 駐車場4台完備

9:00~12:00

14:00~18:00

休診日:土曜午後・日曜・祝日

近鉄古市駅徒歩3分