ページトップへ

大阪の歯科、加藤歯科医院|パナソニックとソニーの3Dテレビ戦略の違い。

  • 加藤歯科医院 羽曳野 顎関節症 インビザライン 歯ぎしり 食いしばり

    2022年6月21日(火)

    無意識にしていませんか?歯ぎしり・食いしばりについて解説します!

  • 2022年6月13日(月)

    金属を使った修復物って具体的にどんなデメリットがあるの?徹底解説します!

  • セラミック 羽曳野 加藤歯科

    2022年6月6日(月)

    セラミック治療って具体的にどんなメリットがあるの?徹底解説します!

  • 2021年8月10日(火)

  • 羽曳野・インビザライン

    2021年7月25日(日)

≫ ブログ一覧へ

≫ ブログ一覧へ

≫ 過去の記事を見る

加藤歯科のお知らせ・日記

2010年3月11日 PM 12:23

家電

パナソニックとソニーの3Dテレビ戦略の違い。

WS000309.JPG
前にもお話しましたが、今年の家電のトピックスは3Dテレビ一色。!!
まさに3D元年にあたる年です。!
来月からの発売を控え、3Dテレビを牽引するパナソニックとソニーの
それぞれの戦略が徐々にわかってきました。
(個人的にはHDMI Ver1.4が出たばかりと言うこともあり、この1年は静観します。!)
両方のメーカーの戦略で言えることは、北米のマーケットでのサムソンをかなり意識している事。
パナソニックは、フラグシップの”VIERA”VT2シリーズだけが3Dに対応するのに対し
ソニーは幅広い商品ラインナップを揃えます。
フラグシップのみ3D対応のパナソニック、柔軟な商品構成のソニーと言えるでしょう。
ただ、基本的には両社が見据えている方向性は共通していると予想できます。
世界中のAVメーカーで、3Dの入り口から出口まで、つまり業務用の3D映像撮影機材や編集機器、3Dパッケージソフトのオーサリングから、それらを家庭で楽しむためのテレビとプレーヤー、あるいは家庭用3Dビデオカメラなどまで、一貫して供給する能力を備えているのは両社だけだからです。
テレビはエポックメイキングな年になりそうです。
                                    羽曳野市・古市駅の加藤歯科

≫ 過去の記事を見る

加藤歯科医院 医療法人 えみは会

月曜~土曜9:00~12:00

月曜~金曜14:00~18:00

休診日:土曜午後・日曜・祝日

WEB初診予約
画像
歯の治療のはじまりはリラックスできる対話から

近鉄古市駅徒歩3分

こちらをタップでそのままお電話できます

〒583-0856 大阪府羽曳野市白鳥2-16-34
バリアフリー 駐車場4台完備

画像 画像

Copyrightc2018 加藤歯科 All right reserved.

加藤歯科医院 医療法人 えみは会

〒583-0856 大阪府羽曳野市白鳥2-16-34
バリアフリー 駐車場4台完備

9:00~12:00

14:00~18:00

休診日:土曜午後・日曜・祝日

近鉄古市駅徒歩3分