ページトップへ

大阪の歯科、加藤歯科医院|知覚過敏について Vol.2

  • 加藤総合歯科・矯正歯科 インプラント 羽曳野

    2022年11月22日(火)

    「噛めるからこのままでいいや」はダメ!歯を失ったまま放置することで起こるお口の崩壊とは?

  • 加藤歯科医院 羽曳野 インビザライン

    2022年11月12日(土)

    【インビザライン】実はとても大切な「保定」について詳しく解説します!

  • 加藤歯科医院 羽曳野 インビザライン

    2022年11月2日(水)

    子供用のインビザライン「インビザラインファースト」について

  • 加藤総合歯科・矯正歯科 羽曳野 インビザライン

    2022年10月23日(日)

    【インビザライン】矯正のために歯に隙間を作るIPRとは?その有用性を解説します!

  • 加藤総合歯科・矯正歯科 羽曳野 インビザライン

    2022年10月13日(木)

    【インビザライン】アタッチメントって何のために着けるの?必要性について解説します!

≫ ブログ一覧へ

≫ ブログ一覧へ

≫ 過去の記事を見る

加藤歯科のお知らせ・日記

2010年3月1日 AM 10:58

歯科

知覚過敏について Vol.2

WS000199.JPG
羽曳野市の加藤歯科です。
少し間が空きましたが歯の知覚過敏の続きをお話します。
前回、知覚過敏の患者さんに診療室で、実際に歯を磨いてもらった話からです。
毛先が極度に広がり、歯のみならず歯茎にも強い圧が加わっていました。歯磨剤もたっぷり使っているとのことでした。
そこで、この患者さんには、歯科医師、歯科衛生士による正しい歯の磨き方を指導し、象牙質知覚過敏症を軽減する薬を塗布しました。
次の患者さんは、歯茎の治療(歯石除去)後に、象牙質知覚過敏症を訴えてきました。治療前と治療後の歯茎を比較すると、歯茎の色はかなりよくなり、歯もきれいになりました。しかし、一部歯茎の退縮(やせること)により、歯の露出が認められます。
この二症例に共通する点は、機械的な侵襲で歯茎が退縮し、歯が露出し、実質欠損ができたことです。したがって、象牙質知覚過敏症は、歯ブラシの乱暴な使用や、歯茎の処置後における、歯茎の退縮やそれに伴う歯の実質欠損によりひき起こされると考えられます。また、噛み合わせの負担過重により、歯頚部のエナメル質が剥離して象牙質が露出してしまう場合もあるのです。
                                羽曳野市・古市駅の加藤歯科

≫ 過去の記事を見る

加藤歯科医院 医療法人 えみは会

月曜~土曜9:00~12:00

月曜~金曜14:00~18:00

休診日:土曜午後・日曜・祝日

WEB初診予約
画像
歯の治療のはじまりはリラックスできる対話から

近鉄古市駅徒歩3分

こちらをタップでそのままお電話できます

〒583-0856 大阪府羽曳野市白鳥2-16-34
バリアフリー 駐車場4台完備

画像 画像

Copyrightc2018 加藤歯科 All right reserved.

加藤歯科医院 医療法人 えみは会

〒583-0856 大阪府羽曳野市白鳥2-16-34
バリアフリー 駐車場4台完備

9:00~12:00

14:00~18:00

休診日:土曜午後・日曜・祝日

近鉄古市駅徒歩3分