ページトップへ

大阪の歯科、加藤歯科医院|ソニー、超極薄な有機ELディスプレイを開発

  • 加藤総合歯科・矯正歯科 インプラント 羽曳野

    2022年11月22日(火)

    「噛めるからこのままでいいや」はダメ!歯を失ったまま放置することで起こるお口の崩壊とは?

  • 加藤歯科医院 羽曳野 インビザライン

    2022年11月12日(土)

    【インビザライン】実はとても大切な「保定」について詳しく解説します!

  • 加藤歯科医院 羽曳野 インビザライン

    2022年11月2日(水)

    子供用のインビザライン「インビザラインファースト」について

  • 加藤総合歯科・矯正歯科 羽曳野 インビザライン

    2022年10月23日(日)

    【インビザライン】矯正のために歯に隙間を作るIPRとは?その有用性を解説します!

  • 加藤総合歯科・矯正歯科 羽曳野 インビザライン

    2022年10月13日(木)

    【インビザライン】アタッチメントって何のために着けるの?必要性について解説します!

≫ ブログ一覧へ

≫ ブログ一覧へ

≫ 過去の記事を見る

加藤歯科のお知らせ・日記

2010年5月27日 PM 12:47

家電

ソニー、超極薄な有機ELディスプレイを開発

WS000359.JPG
今日も朝からたくさんの患者さんに来てもらい、午前診がやっと終わりました。羽曳野市の加藤歯科です。
ソニーから超薄型の有機ELディスプレーが発表されました。
日本の技術もまだまだ世界のTOPレベルにありますね。
ペンに巻き取れるほどの高い柔軟性を備えた有機ELディスプレイです。
フレキシブルな形状の薄型ディスプレイや電子ペーパーなどの用途が期待される製品となっていますが、大画面モデルについても研究が盛んに行われているとされており、同社が昨年開催された「CEATEC JAPAN 2009」で展示していた、キーボード部分までフル有機ELディスプレイのVAIOなどの製品化が期待されそうです。また、実際に巻いたり伸ばしたりを繰り返しながら動画を再生している様子のムービーも公開されています。
これにより世界で初めて曲率半径4mmの太さに巻いたり伸ばしたりを繰り返しながらの動画再生を実現したほか、気になる耐久性についても、1000回巻き戻しを繰り返した実験において、ディスプレイの表示性能に劣化がないことが確認されたそうです。
WS000360.JPG
「将来的にはこんなパソコンも出るのではないか」とフレキシブル有機ELのタッチパネルを使ったブレスレット型パソコンのコンセプトデザインが考えられています。
                                羽曳野市・古市駅の加藤歯科

≫ 過去の記事を見る

加藤歯科医院 医療法人 えみは会

月曜~土曜9:00~12:00

月曜~金曜14:00~18:00

休診日:土曜午後・日曜・祝日

WEB初診予約
画像
歯の治療のはじまりはリラックスできる対話から

近鉄古市駅徒歩3分

こちらをタップでそのままお電話できます

〒583-0856 大阪府羽曳野市白鳥2-16-34
バリアフリー 駐車場4台完備

画像 画像

Copyrightc2018 加藤歯科 All right reserved.

加藤歯科医院 医療法人 えみは会

〒583-0856 大阪府羽曳野市白鳥2-16-34
バリアフリー 駐車場4台完備

9:00~12:00

14:00~18:00

休診日:土曜午後・日曜・祝日

近鉄古市駅徒歩3分