ページトップへ

大阪の歯科、加藤歯科医院|若者の「ビール離れ」に歯止めをかける!

  • 加藤歯科医院 羽曳野 歯ぎしり 食いしばり

    2022年7月1日(金)

    歯ぎしり・食いしばりが引き起こすトラブルって?詳しく解説します!

  • 加藤歯科医院 羽曳野 顎関節症 インビザライン 歯ぎしり 食いしばり

    2022年6月21日(火)

    無意識にしていませんか?歯ぎしり・食いしばりについて解説します!

  • 2022年6月13日(月)

    金属を使った修復物って具体的にどんなデメリットがあるの?徹底解説します!

  • セラミック 羽曳野 加藤歯科

    2022年6月6日(月)

    セラミック治療って具体的にどんなメリットがあるの?徹底解説します!

  • 2021年8月10日(火)

≫ ブログ一覧へ

≫ ブログ一覧へ

≫ 過去の記事を見る

加藤歯科のお知らせ・日記

2010年7月20日 PM 02:49

日常

若者の「ビール離れ」に歯止めをかける!

こんにちは、梅雨も明けて夏本番ですね。
羽曳野市の加藤歯科です。
最近、何かと言われる「若者の〇〇離れ。」
マーケティングの仕事をしている私の友人達もこぞって、「どんなマケーティングをしても若者が何にお金を使うのか全然分からない」と言います。
ビール業界でも、若者離れが深刻で、凍る寸前のビール……若年層の「ビール離れ」を食い止めようとするアサヒビールが新しい取り組みを始めたみたいです。
それは、氷点下の温度帯(-2℃から0℃)の「アサヒスーパードライ」を飲めるバーを銀座に作ることからはじめるとの事。
WS000395.JPG
未知の領域0℃。キンキンに冷えたビールは、冷えすぎてい味わいもないのでは?と思うのですが、そこは「若者対策」。でもなぜ若者は0℃のスーパードライの味を好むのか。
たぶん、それは普通の温度の味が嫌いなのではないか。なぜって、それは「苦いから」。
正直なところ、「味わってくれなくていい!のどごしさえ楽しんでくれて、それがクセになるなら!」というのがアサヒビールの思いなのでしょう。0℃でクセになり、家飲みで通常の4℃~8℃を飲んでも気にならなくなる。そんな成長過程を期待しているのかもしれないですね。
先日、友人の結婚式に来席されていたアサヒビール社長の泉谷直木氏は堂々とした風格しておられ「スピード感を持った経営を行う」とおっしゃってました。
「○○離れ」という言葉を払拭するため、若者のニーズをとらえようとするアサヒビールの心意気は見習いたいものです。
                                   羽曳野市・古市駅の加藤歯科

≫ 過去の記事を見る

加藤歯科医院 医療法人 えみは会

月曜~土曜9:00~12:00

月曜~金曜14:00~18:00

休診日:土曜午後・日曜・祝日

WEB初診予約
画像
歯の治療のはじまりはリラックスできる対話から

近鉄古市駅徒歩3分

こちらをタップでそのままお電話できます

〒583-0856 大阪府羽曳野市白鳥2-16-34
バリアフリー 駐車場4台完備

画像 画像

Copyrightc2018 加藤歯科 All right reserved.

加藤歯科医院 医療法人 えみは会

〒583-0856 大阪府羽曳野市白鳥2-16-34
バリアフリー 駐車場4台完備

9:00~12:00

14:00~18:00

休診日:土曜午後・日曜・祝日

近鉄古市駅徒歩3分