ページトップへ

大阪の歯科、加藤歯科医院|「近視(近眼)」を予防できる原因遺伝子を特定。

  • 加藤歯科医院 羽曳野 歯ぎしり 食いしばり

    2022年7月1日(金)

    歯ぎしり・食いしばりが引き起こすトラブルって?詳しく解説します!

  • 加藤歯科医院 羽曳野 顎関節症 インビザライン 歯ぎしり 食いしばり

    2022年6月21日(火)

    無意識にしていませんか?歯ぎしり・食いしばりについて解説します!

  • 2022年6月13日(月)

    金属を使った修復物って具体的にどんなデメリットがあるの?徹底解説します!

  • セラミック 羽曳野 加藤歯科

    2022年6月6日(月)

    セラミック治療って具体的にどんなメリットがあるの?徹底解説します!

  • 2021年8月10日(火)

≫ ブログ一覧へ

≫ ブログ一覧へ

≫ 過去の記事を見る

加藤歯科のお知らせ・日記

2010年9月14日 PM 12:44

日常

「近視(近眼)」を予防できる原因遺伝子を特定。

こんにちは、羽曳野市の加藤歯科です。
先に言っておきますが、今日は子供が対象の話ですよ!。
大人はあまり関係がありません。あしからず・・・・(笑)
キングス・カレッジ・ロンドンのChris Hammond博士と、ロッテルダムのErasmus MCのCaroline Klaver博士らが近視(近眼)にかかわる遺伝子コードを解くことに成功し、近い将来、子どもに投与することで近視の進行を防ぐ薬(点眼薬や飲み薬など)の開発につながると期待されていることが明らかになりました。
近視の兆候は、多くの場合子どものうちに現れます。
原因のうち個人差もありますが、特にひどい近視の人々では、80%が遺伝的要因によるものと言われています。
近視になりつつある子どもでは眼球の成長遺伝子がうまく働いていないため、眼球が「育ちすぎて」しまっているようなので、子供の時期で眼球の成長をコントロールできれば、近視の進行を防ぐことができると考えられるようです。
Hammond博士は「点眼薬や錠剤などでブロックすることができる経路を見つけ、脳の発達や身体のほかの過程をさまたげずに眼球の育ちすぎを止めることができれば・・・」と伝えています。
つまり、眼球がすでに成長しきってしまっている大人の近視に対してはあまり効果が無いのです。残念!・・・・。
余談ですが、環境的因子で有効なのは、外の自然光の中で過ごす時間が長く、遠くの物を見る機会を多くすることが大事とのことです。
近視は世界で最も多い眼疾患ですから、将来的にメガネやコンタクトから開放される子供達が増えたらいいですね!。
                           羽曳野市・古市駅の加藤歯科

≫ 過去の記事を見る

加藤歯科医院 医療法人 えみは会

月曜~土曜9:00~12:00

月曜~金曜14:00~18:00

休診日:土曜午後・日曜・祝日

WEB初診予約
画像
歯の治療のはじまりはリラックスできる対話から

近鉄古市駅徒歩3分

こちらをタップでそのままお電話できます

〒583-0856 大阪府羽曳野市白鳥2-16-34
バリアフリー 駐車場4台完備

画像 画像

Copyrightc2018 加藤歯科 All right reserved.

加藤歯科医院 医療法人 えみは会

〒583-0856 大阪府羽曳野市白鳥2-16-34
バリアフリー 駐車場4台完備

9:00~12:00

14:00~18:00

休診日:土曜午後・日曜・祝日

近鉄古市駅徒歩3分