ページトップへ

大阪の歯科、加藤歯科医院|歯茎からiPS細胞!

  • 加藤歯科医院 羽曳野 歯ぎしり 食いしばり

    2022年7月1日(金)

    歯ぎしり・食いしばりが引き起こすトラブルって?詳しく解説します!

  • 加藤歯科医院 羽曳野 顎関節症 インビザライン 歯ぎしり 食いしばり

    2022年6月21日(火)

    無意識にしていませんか?歯ぎしり・食いしばりについて解説します!

  • 2022年6月13日(月)

    金属を使った修復物って具体的にどんなデメリットがあるの?徹底解説します!

  • セラミック 羽曳野 加藤歯科

    2022年6月6日(月)

    セラミック治療って具体的にどんなメリットがあるの?徹底解説します!

  • 2021年8月10日(火)

≫ ブログ一覧へ

≫ ブログ一覧へ

≫ 過去の記事を見る

加藤歯科のお知らせ・日記

2010年9月17日 PM 12:21

歯科

歯茎からiPS細胞!

WS000439.JPG
羽曳野市の加藤歯科です。
また、再生治療の研究が一歩進んだ様です。
歯周病やインプラント手術で切り取られ不用になった歯茎から、iPS細胞(人工多能性幹細胞)を作り出すことに大阪大などの研究チームが成功したとのこと。
これまでの、頬の皮膚を採取する方法に比べて患者の負担が少なく、将来の「iPS細胞バンク」で使う細胞になる可能性があるといいます。
阪大の江草宏助教は、歯茎が皮膚よりも増殖能力が高く、傷が治りやすいという特性を持っていることに着目。
「もとは捨てられていた組織。患者の負担が少ない上、効率よくiPS細胞ができた」とのこと。
ドラスティックに歯科治療が変わる日も近いかもしれませんね~。
                                羽曳野市・古市駅の加藤歯科

≫ 過去の記事を見る

加藤歯科医院 医療法人 えみは会

月曜~土曜9:00~12:00

月曜~金曜14:00~18:00

休診日:土曜午後・日曜・祝日

WEB初診予約
画像
歯の治療のはじまりはリラックスできる対話から

近鉄古市駅徒歩3分

こちらをタップでそのままお電話できます

〒583-0856 大阪府羽曳野市白鳥2-16-34
バリアフリー 駐車場4台完備

画像 画像

Copyrightc2018 加藤歯科 All right reserved.

加藤歯科医院 医療法人 えみは会

〒583-0856 大阪府羽曳野市白鳥2-16-34
バリアフリー 駐車場4台完備

9:00~12:00

14:00~18:00

休診日:土曜午後・日曜・祝日

近鉄古市駅徒歩3分