ページトップへ

大阪の歯科、加藤歯科医院|現代歯科医師の始祖 小幡英之助

  • 加藤総合歯科・矯正歯科 インプラント 羽曳野

    2022年11月22日(火)

    「噛めるからこのままでいいや」はダメ!歯を失ったまま放置することで起こるお口の崩壊とは?

  • 加藤歯科医院 羽曳野 インビザライン

    2022年11月12日(土)

    【インビザライン】実はとても大切な「保定」について詳しく解説します!

  • 加藤歯科医院 羽曳野 インビザライン

    2022年11月2日(水)

    子供用のインビザライン「インビザラインファースト」について

  • 加藤総合歯科・矯正歯科 羽曳野 インビザライン

    2022年10月23日(日)

    【インビザライン】矯正のために歯に隙間を作るIPRとは?その有用性を解説します!

  • 加藤総合歯科・矯正歯科 羽曳野 インビザライン

    2022年10月13日(木)

    【インビザライン】アタッチメントって何のために着けるの?必要性について解説します!

≫ ブログ一覧へ

≫ ブログ一覧へ

≫ 過去の記事を見る

加藤歯科のお知らせ・日記

2011年5月19日 PM 12:32

歯科

現代歯科医師の始祖 小幡英之助

どの、職業にも元祖、始祖はいてると思います
私は知らなかったのですが歯科の世界でもちゃんと始祖がいて
記録も残っているそうです。
現代の歯科医師の始祖は
1850-1909に活躍した小幡英之助とう方。
小幡英之助は、中津藩士の家に生まれ、慶応義塾を出て日本人医師2人に医術を学んだ様ですが、手先が器用なことから歯科医になるよう勧められ、横浜の米国人歯科医エリオットに入門し西洋歯科学を習得したとのことです。
その後1875年に、国内初の歯科医師試験に合格。
歯科医師免許第1号を受け、東京の銀座に開業したとのこと。
政府要人や著名人も特別扱いしなかったということです。
現代では銀座の1階での開業は相当厳しいですけどね(笑)
今、TBSでJINという明治時代にタイムスリップした
医者のドラマがオンエアーされてますが、そんな感じでしょうか。
もし、私がタイムスリップしても明治時代で歯科治療は難しいですね~。
                                 羽曳野市・古市駅の加藤歯科

≫ 過去の記事を見る

加藤歯科医院 医療法人 えみは会

月曜~土曜9:00~12:00

月曜~金曜14:00~18:00

休診日:土曜午後・日曜・祝日

WEB初診予約
画像
歯の治療のはじまりはリラックスできる対話から

近鉄古市駅徒歩3分

こちらをタップでそのままお電話できます

〒583-0856 大阪府羽曳野市白鳥2-16-34
バリアフリー 駐車場4台完備

画像 画像

Copyrightc2018 加藤歯科 All right reserved.

加藤歯科医院 医療法人 えみは会

〒583-0856 大阪府羽曳野市白鳥2-16-34
バリアフリー 駐車場4台完備

9:00~12:00

14:00~18:00

休診日:土曜午後・日曜・祝日

近鉄古市駅徒歩3分