実は危険な知覚過敏

サイトマップ
加藤歯科TOP

大阪にある歯科の加藤歯科では患者様とのコミュニケーションを第一に診療しています。いつでもお気軽に相談して下さい。

実は危険な知覚過敏

WS000671.JPG虫歯でもないのに冷たいもので、歯がキーンと痛みがはしることはないですか?

これは知覚過敏というしょうじょうなのですが、歯のエナメル質の磨耗などで歯が削れてしまい、冷たい、熱い、甘い、酸っぱい、といった刺激が直接歯の神経に伝わるためです。

じつは、国民の約7割の人がこの知覚過敏の症状があり、そのほとんどの人が処置をせずに放置しているのが現状です。

これは、『ちょっとしみるくらい我慢したらいいや!』と思っている方が多いからなんですが、知覚過敏を放置すると神経を抜かないといけなくなったり、最悪のケースでは抜歯になることもあります。

初期の知覚過敏には硝酸カリウム入り(シュミテクト等)の歯磨き粉で様子をみて、痛みが止まらなければ歯医者さんに行ってください。

歯医者さんにいかないといけない目安を言います。

<<<『熱いもの』>>>にしみだしたら歯医者さんに行きましょう!!

羽曳野市・古市駅の加藤歯科

日時:2011年10月20日 AM 10:38