ページトップへ

大阪の歯科、加藤歯科医院|虫歯の治療基準が新しいものになるかも?

  • 加藤総合歯科・矯正歯科 インプラント 羽曳野

    2022年11月22日(火)

    「噛めるからこのままでいいや」はダメ!歯を失ったまま放置することで起こるお口の崩壊とは?

  • 加藤歯科医院 羽曳野 インビザライン

    2022年11月12日(土)

    【インビザライン】実はとても大切な「保定」について詳しく解説します!

  • 加藤歯科医院 羽曳野 インビザライン

    2022年11月2日(水)

    子供用のインビザライン「インビザラインファースト」について

  • 加藤総合歯科・矯正歯科 羽曳野 インビザライン

    2022年10月23日(日)

    【インビザライン】矯正のために歯に隙間を作るIPRとは?その有用性を解説します!

  • 加藤総合歯科・矯正歯科 羽曳野 インビザライン

    2022年10月13日(木)

    【インビザライン】アタッチメントって何のために着けるの?必要性について解説します!

≫ ブログ一覧へ

≫ ブログ一覧へ

≫ 過去の記事を見る

加藤歯科のお知らせ・日記

2012年6月12日 PM 12:50

歯科

虫歯の治療基準が新しいものになるかも?

今の歯科界の虫歯の考え方は
初期の虫歯は再石灰化によって自然修復してしまう可能性があるので
最近はそのまま経過観察で様子を見ることも定着してきました。
ただ、実はこの初期の虫歯の定義が今まであいまいだったんですね。
そこで、NHKのニュースによると
今回学会で
初期の虫歯の定義づけを行って
より、歯の治療を理論的に行っていくガイドラインを
作るとのことでした。
少し前には
初期の虫歯は経過観察しましょう
なんて、なかった概念ですから
国民のためにも
しっかりとしたガイドラインをお願いしたいですね。
羽曳野市・古市駅の加藤歯科

≫ 過去の記事を見る

加藤歯科医院 医療法人 えみは会

月曜~土曜9:00~12:00

月曜~金曜14:00~18:00

休診日:土曜午後・日曜・祝日

WEB初診予約
画像
歯の治療のはじまりはリラックスできる対話から

近鉄古市駅徒歩3分

こちらをタップでそのままお電話できます

〒583-0856 大阪府羽曳野市白鳥2-16-34
バリアフリー 駐車場4台完備

画像 画像

Copyrightc2018 加藤歯科 All right reserved.

加藤歯科医院 医療法人 えみは会

〒583-0856 大阪府羽曳野市白鳥2-16-34
バリアフリー 駐車場4台完備

9:00~12:00

14:00~18:00

休診日:土曜午後・日曜・祝日

近鉄古市駅徒歩3分