ページトップへ

大阪の歯科、加藤歯科医院|ネアンデルタール人が歯の治療してたかも?

  • 加藤歯科医院 羽曳野 顎関節症 インビザライン 歯ぎしり 食いしばり

    2022年6月21日(火)

    無意識にしていませんか?歯ぎしり・食いしばりについて解説します!

  • 2022年6月13日(月)

    金属を使った修復物って具体的にどんなデメリットがあるの?徹底解説します!

  • セラミック 羽曳野 加藤歯科

    2022年6月6日(月)

    セラミック治療って具体的にどんなメリットがあるの?徹底解説します!

  • 2021年8月10日(火)

  • 羽曳野・インビザライン

    2021年7月25日(日)

≫ ブログ一覧へ

≫ ブログ一覧へ

≫ 過去の記事を見る

加藤歯科のお知らせ・日記

2013年11月15日 PM 12:37

歯科

ネアンデルタール人が歯の治療してたかも?

WS000900.JPG

ネアンテルタール人は人類の祖先ですが
最近の研究で、ネアンテルタール人も歯の治療をしていた可能性が高いことが
わかってきたようです。
少なくとも、食後に楊枝を使っていたことは間違いないようです。
これは、スペインのチーム(IHPES)の研究の結果ですが
数万年前に絶滅したネンデルタール人が
食後に食べカスを掃除しながら
歯周病の痛みも和らげていたようです
食事はどうやら土や灰がついたまま肉や果実を食べていたようで
歯もところどころ損傷しているようです
また、歯周病の痛みを和らげるために楊枝を使っていたとなれば
世界最古の歯の治療となるようですね
今までの研究でネアンテルタール人も
火や道具を使っていたり
薬草を調合した痕跡も残っているみたいで
想像以上に知能が発達した種族だたかもしれませんね
歯科医師として
ロマンを感じました!!

≫ 過去の記事を見る

加藤歯科医院 医療法人 えみは会

月曜~土曜9:00~12:00

月曜~金曜14:00~18:00

休診日:土曜午後・日曜・祝日

WEB初診予約
画像
歯の治療のはじまりはリラックスできる対話から

近鉄古市駅徒歩3分

こちらをタップでそのままお電話できます

〒583-0856 大阪府羽曳野市白鳥2-16-34
バリアフリー 駐車場4台完備

画像 画像

Copyrightc2018 加藤歯科 All right reserved.

加藤歯科医院 医療法人 えみは会

〒583-0856 大阪府羽曳野市白鳥2-16-34
バリアフリー 駐車場4台完備

9:00~12:00

14:00~18:00

休診日:土曜午後・日曜・祝日

近鉄古市駅徒歩3分