ページトップへ

大阪の歯科、加藤歯科医院|歯科用語集  「楔状欠損、くさび状欠損」 について

  • 加藤歯科医院 羽曳野 歯ぎしり 食いしばり

    2022年7月1日(金)

    歯ぎしり・食いしばりが引き起こすトラブルって?詳しく解説します!

  • 加藤歯科医院 羽曳野 顎関節症 インビザライン 歯ぎしり 食いしばり

    2022年6月21日(火)

    無意識にしていませんか?歯ぎしり・食いしばりについて解説します!

  • 2022年6月13日(月)

    金属を使った修復物って具体的にどんなデメリットがあるの?徹底解説します!

  • セラミック 羽曳野 加藤歯科

    2022年6月6日(月)

    セラミック治療って具体的にどんなメリットがあるの?徹底解説します!

  • 2021年8月10日(火)

≫ ブログ一覧へ

≫ ブログ一覧へ

≫ 過去の記事を見る

加藤歯科のお知らせ・日記

2010年1月23日 AM 10:27

歯科

歯科用語集  「楔状欠損、くさび状欠損」 について

WS000288.JPG
羽曳野の加藤歯科です。
楔状欠損(くさび状欠損)とは、エナメル質とセメント質の間の歯頸部(エナメル-セメント境)にできる欠損・へこみのことです。
WSDとも呼ばれます。
ある程度進行すると、知覚過敏などの症状が出ます。
くさび状欠損は誤ったブラッシングが原因で作られると長年考えられてきましたが、ブラッシングをしていない部位にも見られることや、歯ブラシを使用する習慣のなかった古代人や動物の歯にもくさび状欠損があるという報告もあること、また、犬の歯をひたすらブラッシングする実験では楔状欠損は出来なかったことなどから、現在ではブラッシングが楔状欠損の原因であるという説は疑問視されています。
むしろ重要なのは咬合(噛み合わせ)で、咬合力によって歯頚部に引張り応力が集中し、歯質の破壊が起きるのではないかと考えられています。
このように、咬合力によって起こる歯頸部の歯質の破壊のことをアブフラクションと言い、くさび状欠損=アブフラクションだと言っている歯科医師もいます。
ただ、ブラッシングを過度に行なっていたヨーロッパ諸国では楔状欠損が高頻度で見られるということもあるので、おそらく誤ったブラッシングはくさび状欠損をを助長する因子の一つなのでしょう。
羽曳野市・古市駅の加藤歯科

≫ 過去の記事を見る

加藤歯科医院 医療法人 えみは会

月曜~土曜9:00~12:00

月曜~金曜14:00~18:00

休診日:土曜午後・日曜・祝日

WEB初診予約
画像
歯の治療のはじまりはリラックスできる対話から

近鉄古市駅徒歩3分

こちらをタップでそのままお電話できます

〒583-0856 大阪府羽曳野市白鳥2-16-34
バリアフリー 駐車場4台完備

画像 画像

Copyrightc2018 加藤歯科 All right reserved.

加藤歯科医院 医療法人 えみは会

〒583-0856 大阪府羽曳野市白鳥2-16-34
バリアフリー 駐車場4台完備

9:00~12:00

14:00~18:00

休診日:土曜午後・日曜・祝日

近鉄古市駅徒歩3分