ページトップへ

大阪の歯科、加藤歯科医院|乳歯はいつ作られるの?

  • 羽曳野・インプラント

    2020年8月28日(金)

    インプラントとブリッジの治療どちらにするかで迷ったら!歯科医師が健康寿命の観点から詳しく解説

  • 羽曳野・インプラント

    2020年8月17日(月)

    健康寿命に対するインプラントとブリッジの違いは?どちらを選べば良いのか

  • 羽曳野・藤井寺・加藤歯科・白い歯

    2020年8月11日(火)

    えみは会 加藤歯科の歯科医師が保険適用のCAD/CAM冠のメリットとデメリットを詳しく解説

  • 羽曳野・加藤歯科

    2020年8月8日(土)

    金属のかぶせ物は再発リスクが高い?毒性があるってホント?詳しく解説いたします

  • インビザライン羽曳野

    2020年7月8日(水)

    【歯列矯正・インビザライン】アタッチメントで歯が動く!インビザラインの仕組み教えます

≫ ブログ一覧へ

≫ ブログ一覧へ

≫ 過去の記事を見る

加藤歯科のお知らせ・日記

2010年6月1日 AM 10:07

歯科

乳歯はいつ作られるの?

子供手当てが本日からスタートですね。個人的には酷い愚作と思いますが、せめて皆さん有意義に使って下さい。羽曳野市の加藤歯科です。
今回は子供の歯。すなわち乳歯についてお話いたします。
乳歯はお母さんが妊娠に気づくころ、妊娠7~10週、永久歯は3~4カ月頃、どちらもお母さんのおなかの中で作られ始めます。
10週目ごろまでには20本の乳歯の芽(歯胚)のすべてが赤ちゃんのあごのなかで次々と発生します。
お母さんが妊娠に気づいて栄養や健康に気をくばりだすころには、もうすでに乳歯のもとはできはじめているのです。
歯は最初から硬い組織ではなく、石灰化というカルシウム塩の沈着によって硬い歯になっていきます。
本格的に表面が硬くなる乳歯の石灰化は、妊娠4~6カ月頃に始まり、歯冠という歯の頭の部分は、生後1カ月から1年の間に完成します。永久歯では、第一大臼歯が一番早く、生まれる時に石灰化を開始します。
意外と早くから乳歯も永久歯も形成されていることが、お分かり頂けたと思います。
羽曳野市・古市駅の加藤歯科

≫ 過去の記事を見る

加藤歯科医院 医療法人 えみは会

月曜~土曜9:00~12:00

月曜~金曜14:00~18:00

休診日:土曜午後・日曜・祝日

WEB初診予約
画像
歯の治療のはじまりはリラックスできる対話から

近鉄古市駅徒歩3分

こちらをタップでそのままお電話できます

〒583-0856 大阪府羽曳野市白鳥2-16-34
バリアフリー 駐車場4台完備

画像 画像

Copyrightc2018 加藤歯科 All right reserved.

加藤歯科医院 医療法人 えみは会

〒583-0856 大阪府羽曳野市白鳥2-16-34
バリアフリー 駐車場4台完備

9:00~12:00

14:00~18:00

休診日:土曜午後・日曜・祝日

近鉄古市駅徒歩3分