ページトップへ

大阪の歯科、加藤歯科医院|保険の金属治療は水銀以上に有毒

  • 加藤歯科医院 羽曳野 歯ぎしり 食いしばり

    2022年7月1日(金)

    歯ぎしり・食いしばりが引き起こすトラブルって?詳しく解説します!

  • 加藤歯科医院 羽曳野 顎関節症 インビザライン 歯ぎしり 食いしばり

    2022年6月21日(火)

    無意識にしていませんか?歯ぎしり・食いしばりについて解説します!

  • 2022年6月13日(月)

    金属を使った修復物って具体的にどんなデメリットがあるの?徹底解説します!

  • セラミック 羽曳野 加藤歯科

    2022年6月6日(月)

    セラミック治療って具体的にどんなメリットがあるの?徹底解説します!

  • 2021年8月10日(火)

≫ ブログ一覧へ

≫ ブログ一覧へ

≫ 過去の記事を見る

加藤歯科のお知らせ・日記

2018年10月11日 PM 09:21

歯科

保険の金属治療は水銀以上に有毒

日本の保険治療に使われいてるのが
パラジウムと言われている合金です。
 

日本でもようやく水銀については

体内環境への影響が市民レベルに認知されるようになってきたと思います。

パラジウムはあまり馴染みのない金属かもしれませんが
虫歯の治療で歯にあけた穴を埋める合金にパラジウムが使われています。
 
昔使われていたアマルガム合金は水銀を含んでおり
最近日本では使われていません。
 
今保険治療でメインで使用されている
金属はパラジウム合金で
 
パラジウムは胃腸において吸収され水銀と同様に細胞機能を阻害します。
パラジウムは水銀より有毒であるかもしれません。

中毒の初期症状としては、舌の熱傷感、疲労、リンパ節膨張、過度のだ液分泌、口内の異常冷感覚、アレルギー症状、頭痛、赤目などが報告されています。また体内毒性が進むことにより歯茎および舌の腫れと麻痺、気管支炎、体重減少、筋肉と関節の痛み、耳鳴り、不整脈、記憶損失、及び、過度の発汗が報告されています。
 
保険診療で使われているパラジウム合金
について
知っておかれると
よいと思います。
 
 

≫ 過去の記事を見る

加藤歯科医院 医療法人 えみは会

月曜~土曜9:00~12:00

月曜~金曜14:00~18:00

休診日:土曜午後・日曜・祝日

WEB初診予約
画像
歯の治療のはじまりはリラックスできる対話から

近鉄古市駅徒歩3分

こちらをタップでそのままお電話できます

〒583-0856 大阪府羽曳野市白鳥2-16-34
バリアフリー 駐車場4台完備

画像 画像

Copyrightc2018 加藤歯科 All right reserved.

加藤歯科医院 医療法人 えみは会

〒583-0856 大阪府羽曳野市白鳥2-16-34
バリアフリー 駐車場4台完備

9:00~12:00

14:00~18:00

休診日:土曜午後・日曜・祝日

近鉄古市駅徒歩3分