ページトップへ

大阪の歯科、加藤歯科医院|【動画】自分の歯を残すために歯の神経を限界まで残せる治療法

  • 羽曳野・インプラント

    2020年8月28日(金)

    インプラントとブリッジの治療どちらにするかで迷ったら!歯科医師が健康寿命の観点から詳しく解説

  • 羽曳野・インプラント

    2020年8月17日(月)

    健康寿命に対するインプラントとブリッジの違いは?どちらを選べば良いのか

  • 羽曳野・藤井寺・加藤歯科・白い歯

    2020年8月11日(火)

    えみは会 加藤歯科の歯科医師が保険適用のCAD/CAM冠のメリットとデメリットを詳しく解説

  • 羽曳野・加藤歯科

    2020年8月8日(土)

    金属のかぶせ物は再発リスクが高い?毒性があるってホント?詳しく解説いたします

  • インビザライン羽曳野

    2020年7月8日(水)

    【歯列矯正・インビザライン】アタッチメントで歯が動く!インビザラインの仕組み教えます

≫ ブログ一覧へ

≫ ブログ一覧へ

≫ 過去の記事を見る

加藤歯科のお知らせ・日記

2020年4月14日 PM 06:58

歯科

【動画】自分の歯を残すために歯の神経を限界まで残せる治療法

大切な自分の歯を残すため、細菌感染対策に役立つラバーダムを用いた、安心で精密な歯の神経を限界まで残せる根管治療を行っております。

■8020を目指して

日本歯科医師会では8020運動を推進しており、今ではだいぶ浸透してきました。
80歳になっても20本の自分の歯を残そうという取り組みです。
高齢化、長寿命化が進む中、介護にならず元気に生きていくうえでは、しっかり噛める自分の歯を残すことが欠かせません。
噛めなくなれば、食事が思うように摂れなくなり、栄養が摂取できなくなります。
体が弱り、病気になりやすくなることや介護になってしまうケースも多いのです。
将来にわたって健やかで美味しく食べられるよう、自分の歯をできる限り残すことが大切です。

■抜かずに治すのがベスト

虫歯が進行した場合、すぐに歯を抜く提案をする場合や入れ歯やインプラントを勧めるケースもありますが、一度抜いた永久歯は二度と生えてきません。
入れ歯やインプラントはあくまでも自分の歯ではないので、なんらかの不具合を感じ、噛みにくくなるケースも多いのです。
歯を極力、残すためには、手間と時間がかかる治療が必要です。
ですが、歯をできる限り守るためにも、歯の神経を限界まで残せる治療法に取り組んでおります。

■ラバーダムを用いた根管治療

歯の根元には根管と呼ばれる管があり、歯の神経や血管が通っています。
根管まで達した虫歯を抜かずに、歯をできる限り残すために行うのが根管治療です。
虫歯や歯周病で歯の根元が細菌感染を起こすと、どんどん広がってしまうので、治療にあたっては感染予防対策が必要です。
そのためのカギを握るのが、ラバーダムと呼ばれる道具です。
ラバーダムは、治療する歯以外を薄いゴム製シートで覆いかぶせるために使います。
口腔内の唾液や細菌が、治療部位への感染を防止できるのです。
さまざまな口腔内細菌が根管に侵入するのを防ぎ、ほぼ無菌の状態で安心の根管治療ができます。
万が一、治療中に菌が入り込んでしまった場合、再治療などの必要が出てしまいます。
何度も治療することを避け、歯を抜くことを避けるためにもラバーダムを使った根管治療が有効です。
歯を抜かない治療を行うには、根気と時間も必要です。
細い針のような器具を使い、菌に侵された歯髄を取り除き、根管内を洗浄して消毒を行い、手作業で少しずつ丁寧に削っていかなくてはなりません。
大切な歯を残すため、歯科医師として責任をもって治療を行っております。

≫ 過去の記事を見る

加藤歯科医院 医療法人 えみは会

月曜~土曜9:00~12:00

月曜~金曜14:00~18:00

休診日:土曜午後・日曜・祝日

WEB初診予約
画像
歯の治療のはじまりはリラックスできる対話から

近鉄古市駅徒歩3分

こちらをタップでそのままお電話できます

〒583-0856 大阪府羽曳野市白鳥2-16-34
バリアフリー 駐車場4台完備

画像 画像

Copyrightc2018 加藤歯科 All right reserved.

加藤歯科医院 医療法人 えみは会

〒583-0856 大阪府羽曳野市白鳥2-16-34
バリアフリー 駐車場4台完備

9:00~12:00

14:00~18:00

休診日:土曜午後・日曜・祝日

近鉄古市駅徒歩3分