ページトップへ

大阪の歯科、加藤歯科医院|シェーグレン症候群

  • 羽曳野・インプラント

    2020年8月28日(金)

    インプラントとブリッジの治療どちらにするかで迷ったら!歯科医師が健康寿命の観点から詳しく解説

  • 羽曳野・インプラント

    2020年8月17日(月)

    健康寿命に対するインプラントとブリッジの違いは?どちらを選べば良いのか

  • 羽曳野・藤井寺・加藤歯科・白い歯

    2020年8月11日(火)

    えみは会 加藤歯科の歯科医師が保険適用のCAD/CAM冠のメリットとデメリットを詳しく解説

  • 羽曳野・加藤歯科

    2020年8月8日(土)

    金属のかぶせ物は再発リスクが高い?毒性があるってホント?詳しく解説いたします

  • インビザライン羽曳野

    2020年7月8日(水)

    【歯列矯正・インビザライン】アタッチメントで歯が動く!インビザラインの仕組み教えます

≫ ブログ一覧へ

≫ ブログ一覧へ

≫ 過去の記事を見る

加藤歯科のお知らせ・日記

2010年2月8日 PM 12:23

歯科

シェーグレン症候群

WS000221.JPG
口の保湿剤のオーラルバランス
今回は『シェーグレン症候群』という病気についてお話します。
『シェーグレン症候群』の病名を聞いたことがない方がほとんどだと思いますが、リウマチなどの自己免疫疾患の一種で、目の乾燥(ドライアイ)、口腔乾燥(ドライマウス)の症状のみがある患者さんが多いのが特徴です。ひどい口の乾燥症状(ドライマウス)に悩まされている人も多いです。
当院でもドライマウスで来られる患者さんの何人かはシェーグレン症候群です。
このシェーグレン症候群の患者さんは、普通のドライマウスの治療だけではなかなか症状が良くならない事が多く、しっかりした診断と治療が必要になります。
ただ、ここで問題なのはシェーグレン症候群の診断が出来る医療機関が意外と少ないことです。
内科でも眼科でも歯科でも専門に治療しているところが少ないために満足な治療を受けられていない方も少なくありません。
羽曳野市の加藤歯科はドライマウス研究所の指定医療機関です。
内科の先生からもシェーグレン症候群の患者さんをご紹介頂く事も多いです。
ドライマウス、シェーグレン症候群でお悩みの方は、一度ご相談下さい。
羽曳野市・古市駅の加藤歯科医院

≫ 過去の記事を見る

加藤歯科医院 医療法人 えみは会

月曜~土曜9:00~12:00

月曜~金曜14:00~18:00

休診日:土曜午後・日曜・祝日

WEB初診予約
画像
歯の治療のはじまりはリラックスできる対話から

近鉄古市駅徒歩3分

こちらをタップでそのままお電話できます

〒583-0856 大阪府羽曳野市白鳥2-16-34
バリアフリー 駐車場4台完備

画像 画像

Copyrightc2018 加藤歯科 All right reserved.

加藤歯科医院 医療法人 えみは会

〒583-0856 大阪府羽曳野市白鳥2-16-34
バリアフリー 駐車場4台完備

9:00~12:00

14:00~18:00

休診日:土曜午後・日曜・祝日

近鉄古市駅徒歩3分