ページトップへ

大阪の歯科、加藤歯科医院|ハイドロキシアパタイトについて。

  • マウスピース矯正・羽曳野

    2020年11月29日(日)

    前歯の歯並びの悪さは奥歯にあり!!東京からマウスピース矯正を受けに来られました!

  • 羽曳野・インプラント

    2020年8月28日(金)

    インプラントとブリッジの治療どちらにするかで迷ったら!歯科医師が健康寿命の観点から詳しく解説

  • 羽曳野・インプラント

    2020年8月17日(月)

    健康寿命に対するインプラントとブリッジの違いは?どちらを選べば良いのか

  • 羽曳野・藤井寺・加藤歯科・白い歯

    2020年8月11日(火)

    えみは会 加藤歯科の歯科医師が保険適用のCAD/CAM冠のメリットとデメリットを詳しく解説

  • 羽曳野・加藤歯科

    2020年8月8日(土)

    金属のかぶせ物は再発リスクが高い?毒性があるってホント?詳しく解説いたします

≫ ブログ一覧へ

≫ ブログ一覧へ

≫ 過去の記事を見る

加藤歯科のお知らせ・日記

2010年5月29日 AM 11:36

歯科

ハイドロキシアパタイトについて。


最近涼しいを通り越して夜は冷え込みますね~。皆様体調には気をつけて下さい。羽曳野市の加藤歯科です。
今回はハイドロキシアパタイトについてです。
ハイドロキシアパタイトとはリン酸カルシウムでできた歯や骨を構成する成分のことで、エナメル質は97%、象牙質の70%がハイドロキシアパタイトで構成されています。
歯磨剤に配合されたりしています。
エナメル質の表面には見た目には分からない微小欠損(小さなきずのようなもの)が無数にできています。
これが脱灰(虫歯になりかけ)につながります。
虫歯はエナメル質が溶け始めることにより始まります。
ハイドロキシアパタイトは唾液中のミネラルイオンに作用して、初期虫歯や、微小欠損の再石灰化を促進することができます。
エナメル質は、ほとんどがハイドロキシアパタイトでできています。
今、歯磨き粉でも、「ハイドロキシアパタイト」配合のものがいろいろでていますよね。
それらを使って、初期の虫歯だったら、エナメル質の修復が可能です。
でも、完全に穴があいてしまったら、無理ですので、普段の歯磨きのときに、「虫歯予防」のつもりで使う分にはよろしいかと思います。
羽曳野市・古市駅の加藤歯科

≫ 過去の記事を見る

加藤歯科医院 医療法人 えみは会

月曜~土曜9:00~12:00

月曜~金曜14:00~18:00

休診日:土曜午後・日曜・祝日

WEB初診予約
画像
歯の治療のはじまりはリラックスできる対話から

近鉄古市駅徒歩3分

こちらをタップでそのままお電話できます

〒583-0856 大阪府羽曳野市白鳥2-16-34
バリアフリー 駐車場4台完備

画像 画像

Copyrightc2018 加藤歯科 All right reserved.

加藤歯科医院 医療法人 えみは会

〒583-0856 大阪府羽曳野市白鳥2-16-34
バリアフリー 駐車場4台完備

9:00~12:00

14:00~18:00

休診日:土曜午後・日曜・祝日

近鉄古市駅徒歩3分