ページトップへ

大阪の歯科、加藤歯科医院|フィステルについて。

  • 加藤歯科医院 羽曳野 歯ぎしり 食いしばり

    2022年7月1日(金)

    歯ぎしり・食いしばりが引き起こすトラブルって?詳しく解説します!

  • 加藤歯科医院 羽曳野 顎関節症 インビザライン 歯ぎしり 食いしばり

    2022年6月21日(火)

    無意識にしていませんか?歯ぎしり・食いしばりについて解説します!

  • 2022年6月13日(月)

    金属を使った修復物って具体的にどんなデメリットがあるの?徹底解説します!

  • セラミック 羽曳野 加藤歯科

    2022年6月6日(月)

    セラミック治療って具体的にどんなメリットがあるの?徹底解説します!

  • 2021年8月10日(火)

≫ ブログ一覧へ

≫ ブログ一覧へ

≫ 過去の記事を見る

加藤歯科のお知らせ・日記

2010年6月21日 PM 12:39

歯科

フィステルについて。

WS000372.JPG
こんにちは、今日もスタッフが良く頑張ってくれています。羽曳野市の加藤歯科です。
今回はフィステルについてお話します。
フィステルとは日本語で婁孔(ろうこう)と呼びます。
フィステルとは、歯ぐきにできる出来物のようなものです。
穴が開いていて、膿が出ていきます。
おできのように見える時もあります。
フィステルが最もよく見られるのは、歯髄(歯の神経)が死んで歯根の先端に根尖病巣が出来ているような場合で、根尖病巣内に溜まった膿が歯槽骨の中を通り、歯茎の表面のフィステルから出てきます。
つまりフィステルが見られるということは、その周囲の歯の歯髄が死んで、根尖病巣が出来て骨の中で膿んでいることが疑われます。
フィステルを治療するためには根管治療(神経の治療)を行う必要があり、根管治療が成功して根管内の細菌を十分に除去することができれば、フィステルは消えて無くなります。
羽曳野市・古市駅の加藤歯科

≫ 過去の記事を見る

加藤歯科医院 医療法人 えみは会

月曜~土曜9:00~12:00

月曜~金曜14:00~18:00

休診日:土曜午後・日曜・祝日

WEB初診予約
画像
歯の治療のはじまりはリラックスできる対話から

近鉄古市駅徒歩3分

こちらをタップでそのままお電話できます

〒583-0856 大阪府羽曳野市白鳥2-16-34
バリアフリー 駐車場4台完備

画像 画像

Copyrightc2018 加藤歯科 All right reserved.

加藤歯科医院 医療法人 えみは会

〒583-0856 大阪府羽曳野市白鳥2-16-34
バリアフリー 駐車場4台完備

9:00~12:00

14:00~18:00

休診日:土曜午後・日曜・祝日

近鉄古市駅徒歩3分