ページトップへ

大阪の歯科、加藤歯科医院でのお知らせ・日常が、ここでご覧になれます。

加藤歯科医院

アクセス・交通案内はこちら

メールはこちらへ

大阪にある歯科の加藤歯科医院が、日々綴っております。

  • 2019年4月22日(月)

    動画【1日で審美歯科】ってどうなの?最新の審美歯科治療の流れ全部見せます!【えみは会 加藤歯科】

  • 2019年4月 3日(水)

    【動画】遺伝子検査で、もう虫歯・歯周病にならない!

  • 2019年2月21日(木)

    【動画】最新インプラントのリアル研修

  • 2019年2月12日(火)

    【動画】エステでホワイトニングに思うこと

  • 2019年2月 5日(火)

    【デジタル治療は歯を最小限にしか触らない】動画

» ブログ一覧へ

» 過去の記事を見る

2011年5月 9日 PM 12:27

歯科

海外では折れた犬の歯にチタンの歯をいれる?

WS000583.JPG日本では、飼い犬の歯が何かの拍子に折れてしまったら、獣医さんにお願いして歯を抜いてもらう場合が普通だと思いますが、海外では少し事情が違うようです。

例えば、オーストラリアの刑務所の番犬は、金属製の硬いものに噛み付き歯を折ってしまったが、代わりにチタン製の歯を入れてもらったようです 。

番犬の歯を治療した獣歯科医によれば、犬に特殊な訓練をするには多額の費用がかかるため、退役させるよりも歯を治療する方が安く済むとのこと。

確かに、合理的に考えたら一理あるかもしれませんね。(笑)

また、愛犬家の間ではペット用の審美歯科も需要があるようで、ドッグショー用にホワイトニングや矯正なども行っている場合もあるみたいです。

その前に飼い主の歯は大丈夫なんですかね?

私はそっちが気になりますわ~。

                                羽曳野市・古市駅の加藤歯科

〒583-0856 大阪府羽曳野市白鳥2-16-34
バリアフリー 駐車場4台完備

9:00~12:00

14:00~18:00

休診日:土曜午後・日曜・祝日

Copyright© 大阪の歯科 All Rights Reserved.