ページトップへ

大阪の歯科、加藤歯科医院|失活歯(しっかつし)

  • 加藤総合歯科・矯正歯科 インプラント 羽曳野

    2022年11月22日(火)

    「噛めるからこのままでいいや」はダメ!歯を失ったまま放置することで起こるお口の崩壊とは?

  • 加藤歯科医院 羽曳野 インビザライン

    2022年11月12日(土)

    【インビザライン】実はとても大切な「保定」について詳しく解説します!

  • 加藤歯科医院 羽曳野 インビザライン

    2022年11月2日(水)

    子供用のインビザライン「インビザラインファースト」について

  • 加藤総合歯科・矯正歯科 羽曳野 インビザライン

    2022年10月23日(日)

    【インビザライン】矯正のために歯に隙間を作るIPRとは?その有用性を解説します!

  • 加藤総合歯科・矯正歯科 羽曳野 インビザライン

    2022年10月13日(木)

    【インビザライン】アタッチメントって何のために着けるの?必要性について解説します!

≫ ブログ一覧へ

≫ ブログ一覧へ

≫ 過去の記事を見る

加藤歯科のお知らせ・日記

2011年8月26日 PM 03:08

歯科

失活歯(しっかつし)

歯が悪くなった状態の一つに失活歯というものがあります。
失活歯とは、歯の神経が無くなったもしくは神経が死んでしまった状態です。
反対に神経があるいい歯は生活歯とよびます。
神経のある生活歯と違って、神経の無い失活歯になると、一気に歯の寿命が短くなって弱くなってしまいます。
歯の神経のあるときは丈夫で、硬いものも平気で食べれたのが、失活歯は神経が無く弱くなっていますから、硬いものを食べた瞬間に歯が折れてしまって最悪は抜歯になってしまいます。
失活歯になった歯は放置すると中で化膿して、やはり抜歯になってしましますので、早めに神経の治療をして歯をずっと使えるようにしないといけません。
大きな虫歯を痛みが無いからといって放置している方は、高い確率で歯が失活歯になっていますから、化膿してくる前にかかりつけの歯医者さんで診てもらって下さい!
羽曳野市・古市駅の加藤歯科

≫ 過去の記事を見る

加藤歯科医院 医療法人 えみは会

月曜~土曜9:00~12:00

月曜~金曜14:00~18:00

休診日:土曜午後・日曜・祝日

WEB初診予約
画像
歯の治療のはじまりはリラックスできる対話から

近鉄古市駅徒歩3分

こちらをタップでそのままお電話できます

〒583-0856 大阪府羽曳野市白鳥2-16-34
バリアフリー 駐車場4台完備

画像 画像

Copyrightc2018 加藤歯科 All right reserved.

加藤歯科医院 医療法人 えみは会

〒583-0856 大阪府羽曳野市白鳥2-16-34
バリアフリー 駐車場4台完備

9:00~12:00

14:00~18:00

休診日:土曜午後・日曜・祝日

近鉄古市駅徒歩3分