失活歯(しっかつし)

サイトマップ
加藤歯科TOP

大阪にある歯科の加藤歯科では患者様とのコミュニケーションを第一に診療しています。いつでもお気軽に相談して下さい。

失活歯(しっかつし)

歯が悪くなった状態の一つに失活歯というものがあります。

失活歯とは、歯の神経が無くなったもしくは神経が死んでしまった状態です。

反対に神経があるいい歯は生活歯とよびます。

神経のある生活歯と違って、神経の無い失活歯になると、一気に歯の寿命が短くなって弱くなってしまいます。

歯の神経のあるときは丈夫で、硬いものも平気で食べれたのが、失活歯は神経が無く弱くなっていますから、硬いものを食べた瞬間に歯が折れてしまって最悪は抜歯になってしまいます。

失活歯になった歯は放置すると中で化膿して、やはり抜歯になってしましますので、早めに神経の治療をして歯をずっと使えるようにしないといけません。

大きな虫歯を痛みが無いからといって放置している方は、高い確率で歯が失活歯になっていますから、化膿してくる前にかかりつけの歯医者さんで診てもらって下さい!

羽曳野市・古市駅の加藤歯科

日時:2011年8月26日 PM 03:08