歯が抜けたときの対応法

サイトマップ
加藤歯科TOP

大阪にある歯科の加藤歯科では患者様とのコミュニケーションを第一に診療しています。いつでもお気軽に相談して下さい。

歯が抜けたときの対応法

加藤歯科では事故や怪我で歯が抜けたり、折れたりする方
が結構な頻度でこられますが
ほとんどの方がパニックになって
歯の保存状態が悪く
残せない時もあります

不運にも健康な歯が割れたり、抜けてしまった場合は
絶対あわてないで
冷静に対応してくださいね

1番大事なのは
<<一刻も早く歯医者さんに行ってください>>

その前に手順を覚えておいてください

①患部を止血してください
事故や怪我のあと、口の中が砂などで汚れている場合は
水でよくすすいで下さい。
出血がある場合はハンカチやガーゼで止血してください

②抜けた歯は汚れを軽く落とす
歯が抜けてしまってもしっかりと対応すれば
もとにもどせる可能性があります
流水で20秒ほど、流して汚れを落としてください
※そっと洗ってください
 決してゴシゴシ洗わないこと!!

③抜けた歯は保存液に
抜けた歯を30分以内に歯医者さんにもっていって
処置すれば歯が保存できる可能性が増えます
抜けた歯は乾燥しないように
歯の保存液
なければ、コンタクトの保存液、生理食塩水、スポーツドリンク
無脂性の牛乳

どれもなければ口の中に入れて唾液をひたすようにしてください

とにかく冷静に対応することを心がけてくださいね

日時:2014年1月25日 PM 09:32