ページトップへ

大阪の歯科、加藤歯科医院|加藤歯科の新型コロナウイルスの院内対策

  • 新型コロナ歯科感染

    2020年5月17日(日)

    【新型コロナが歯科医院で感染し易い】は完全なデマ!

  • コロナ歯科

    2020年4月30日(木)

    歯科が新型コロナに立ち向かわなければならない理由

  • コロナ感染対策

    2020年4月15日(水)

    加藤歯科の新型コロナウイルスの院内対策

  • 2020年4月14日(火)

    【動画】自分の歯を残すために歯の神経を限界まで残せる治療法

  • 2019年11月4日(月)

    【動画】加藤歯科誕生秘話をごらんください!

≫ ブログ一覧へ

≫ ブログ一覧へ

≫ 過去の記事を見る

加藤歯科のお知らせ・日記

2020年4月15日 PM 07:04

歯科

加藤歯科の新型コロナウイルスの院内対策

加藤歯科では
新型コロナウイルスの院内対策として
次亜塩素酸水溶液と微酸性電解質水溶液の空中噴霧を行っています

 

 

新型コロナウイルスの感染経路は、
①接触感染
②飛沫感染
があると言われています。

①の接触感染対策は、もともと歯科診療は感染症との闘いの歴史でもあります。
新型コロナウイルスに限らず今までも色々な感染症に対応をしてきました。
日頃から他の感染症対策に対しても徹底していますので接触感染のリスクは
かなり下げることができています。
  
また、当院では、次亜塩素酸水溶液と微酸性電解質水溶液の空中噴霧により、
壁や床、ソファーなども次亜塩素酸水の粒子に触れ、その部分は除菌されています。

②の飛沫感染は、直接飛沫を浴びなければ大丈夫です。
メガネやマスクが有効です。
ただ
一つ・・・・


ウイルスを含むエアロゾル(液体微粒子)による感染が
多くの歯科医院が対策で困らせています。

エアロゾル感染は歯の治療によって空気中にウイルスを含む液体微粒子が
飛散し、しばらく空中に漂って感染するというものです。

とてもやっかいなもので
歯科医院では対応に頭を悩まされます。

加藤歯科では

【次亜塩素酸水溶液と微酸性電解水溶液をの空中噴霧】
でコロナ対策をしています。

次亜塩素酸水と微酸性電解水を噴霧することで
空気中に漂っているウイルスを除菌することが可能です。

現在クリニックに待合室も含め7か所装置を使って
空気中に噴霧しています。

空気中にウイルスがいても次亜塩素酸水と微酸性電解水
と反応して不活性化を促すことができます。

これからも
考えられる予防策は
随時行っていきます。

来院される患者さんが安心して来院することができる
当院のスタッフも安心して治療をサポートできる

こんな状況下ですが

頑張って努めていきたいと思っています。

≫ 過去の記事を見る

加藤歯科医院 医療法人 えみは会

月曜~土曜9:00~12:00

月曜~金曜14:00~18:00

休診日:土曜午後・日曜・祝日

画像
歯の治療のはじまりはリラックスできる対話から

近鉄古市駅徒歩3分

こちらをタップでそのままお電話できます

〒583-0856 大阪府羽曳野市白鳥2-16-34
バリアフリー 駐車場4台完備

画像 画像

Copyright©2018 加藤歯科 All right reserved.

加藤歯科医院 医療法人 えみは会

〒583-0856 大阪府羽曳野市白鳥2-16-34
バリアフリー 駐車場4台完備

9:00~12:00

14:00~18:00

休診日:土曜午後・日曜・祝日